2018年2月14日水曜日

危険な40代

 今日の日経新聞に,「賃上げ,取り残される団塊ジュニア 若い世代優先で」と題する記事が出ています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000/

 記事で紹介されている,正社員の賃金変化の年齢グラフがショッキングです。2012年から16年にかけて,多くの年齢層で所定内月収はアップしていますが,40代だけが下がっています。

 今の40代といったら,70年代前半生まれの団塊ジュニアから,私くらいのロスジェネまでの世代ですが,量的に多いので人余りが生じているとのこと。学校卒業時が就職氷河期で,スキルや職歴を積めなかった人の賃金が伸びていないのでは,という見方も提示されています。

 世紀の変わり目のどん底の時期に大学を出た,私なんかの世代には,こういう人が多いでしょうね。
http://tmaita77.blogspot.jp/2018/01/blog-post_22.html

 40代といえば,いろいろな役割がのしかかってくるステージです。子どもが高校や大学に進学する時期で,おカネもかさみます。早い人では,老親の介護も始まるでしょう。にもかかわらず,給料が上がらないのはキツイ。年功賃金を前提に諸制度が組み立てられているわが国では,なおのことです。

 40代にあっては,生活苦と犯罪が強く相関しています。注目されるのは,失業率と強盗率の時系列変化です。

 失業率とは,就労意欲のある労働力人口のうち,職に就けずハロワ等で職探しをしている人(完全失業者)が何%かです。強盗率は,人口10万人あたりにした強盗検挙人員数です。

 計算に使った要素も含めた時系列変化を整理すると,以下のようになります。a~cは『労働力調査』,dは『犯罪統計書』から採取した数値です。『労働力調査』の統計が1968年からになってますので,この年次から最新の2016年までの推移をみています。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/index.htm
https://www.npa.go.jp/publications/statistics/sousa/year.html


 黄色マークは観察期間中の最高値,青色は最低値です。失業率・強盗率とも,マックスは2009年です。前年(2008年)のリーマンショックの影響でしょう。

 失業率3%以上,強盗率2.0以上は赤字にしましたが,世紀末から今世紀初頭の10年間がヤバかったことが知られます。私の世代は,就職・結婚・出産といったイベントが,こういう時期と重なってしまったわけです。

 表の数値から,40代の失業率と強盗率がかなり相関していることがうかがわれます。失業率が低い時期は強盗率も低く,その逆も然り。

 恐ろしいですが,グラフにしてみましょう。


 傾向が非常によく似ています。1968~2016年の49年次の数値をもとに,失業率と強盗率の相関係数を出すと,+0.9055にもなります。

 これが因果関係とは限りませんが,失業に象徴される生活苦が,強盗という財産犯に結び付くのは,想像に難くありません。いろいろな重荷を背負う40代にあっては,それがひときわ顕著でしょう。

 失業と強盗の時系列相関は,他の年齢層でも観察されますが,その程度は40代で最も強くなっています。
https://ci.nii.ac.jp/naid/40016941572

 50代では失業と自殺が強く相関していますが,40代では,失業と強盗の関連のほうがクリアーです。子育ての最中ですので死ぬに死ねない,ないしはまだエネルギーがあるので,外向型の犯罪に走ってしまうのでしょうか。

 これまでは,40代といえば,順調に給料が上がり,しっかりとした家族につなぎ留められ,生活態度は安定していました。しかし今は,そうではありません。人余り,氷河期に学校卒業という世代要因により,給料が上がらず(冒頭日経記事),キャリアを積めていない非正規雇用者も多く滞留しています。

 団塊ジュニアの世代ですので量的にも多く,2016年の40代人口は1887万人にもなります(最初の表)。総人口の15%,7人に1人です。

 この人たちが大暴れしたら恐ろしい。今回のデータでみたように,40代といったら,生活苦と凶悪犯罪が最も鋭敏に関連するステージといえます。現在では,このステージの人たちの生活がヤバく,かつ人口量も多いと。言葉が良くないですが,社会にとっての爆弾といってもよいでしょう。

 時代にそぐわなくなった,これまでの社会の悪弊を吹き飛ばすために,この爆弾が使われるなら大いに結構なことですが。

1 件のコメント:

  1. 団塊ジュニア世代です。少子化ですが、個人的には世代人口が少ない方がいいとしか思えません。それは数の多さで良い思いをしたことがないから。学校では50人10クラス超でプレハブ校舎、戦争に例えられる程に過酷だった受験、就職、恐らく今後も年金や介護施設、墓場まで競争して獲得しなきゃならない。数が多ければひとつひとつの価値が下がる。いくらでも代りがいるから。人口は国力と無責任に産みおとしたくせに必要な数の席を用意してもらえなかった。豪奢なソファーを望むなら競争は仕方ないけど、ただ生きるために必要な最低限の硬い丸椅子すら我々の世代には人数分用意してもらえない。そういう恨みが心の奥にある。団塊ジュニアが子供を産まなかったのって、経済的な余裕がない人が多いことはもちろんだけど、無意識の生産調整ではないのか。価格破壊を防ぐために作りすぎた作物を廃棄する光景が脳裏にちらつく。

    返信削除