2014年5月30日金曜日

西俊明への返信

 Webコンサルタントの西俊明より,例の剽窃事件の経緯を記録したブログ記事を削除するよう,要請がありました(メールにて)。当該の記事は「名誉棄損・侮辱」に該当すると判断するので,今日中に削除しろとのことです。

 結論からいうと,お断りです。名誉棄損・侮辱に当たるというのはあなたの勝手な判断であり,私はそうは思っていません。上記の2つの記事に記したのは,全部まぎれもない事実です。事の経緯をあるがままに書いた記録です。多少,あなたへのメッセージを含めていますが。

 裏付けの資料もストックしています。今回の件に関する,あなたのツイートは全部プリントアウトして保存しています。内容についても公益性があるものと自負しています。ゴシップやプライバシー晒しのようなものではありません。

***********
 さて,西のメールは3行ほどの短いものでしたが,一方的な削除要求だけで,謝罪の一つもありません。事件が起きてから1か月経過し,だいぶ冷静になったはずなのに,相変わらず反省の色なしです。

・「悪いことをしたら,まずはゴメンナサイと謝る」

 西さん。アンタ,いい大学を出て,そんでIT試験とやらの点数を自慢してるけど,こういう基本的な道徳を教わらなかったのですか?? 西俊明よ,以下の保育園の先生のお言葉を100回声に出して音読し,頭に叩き込むがいい。
https://twitter.com/makilovesyou1/status/460336588657274880

 それと,以下のツイート(RT数132)も再読し,今回の自分の初動がいかに馬鹿げたものであったかを深く反省せよ。
https://twitter.com/sateco/status/460287123929571328


以上


追伸
 西さん。あなたのメールは受信拒否設定にしました(別アドから送られてきても読まずに削除します)。尊敬する編集者氏より,「もう相手にするな,お前の品位まで下がる」とアドバイス(お叱り)を受けたので・・・。これで終わりということで,さようなら。

 *2014年暮れ、弁護士を通して当人より謝罪したいという申し出があり、直筆の謝罪文が届きました。それを読んでの私のリプライは以下。
http://tmaita77.blogspot.jp/2016/01/blog-post_14.html

0 件のコメント:

コメントを投稿