2018年11月12日月曜日

夫と対等以上稼ぐ妻

 「犬を飼いたい,引っ越そう」という風が心の中で吹き荒れ,ダックスフンドの動画を見たり,ペット可の物件をサーチしたりする,だらけた日々が続いています。明日,遠方の沼津市の物件の内覧に行く予定です。

 おかげで,ブログやツイッターの書き込み頻度が減っています。まあ,一過性のものですのでご心配なく。扶養家族?ができたら,今の稼ぎをちょっと増やさないといけないので,生活は嫌でも引き締まりますし。

 ツイッターで発信したグラフが拡散されていますので,それをネタに話をしましょう。「夫と対等以上稼ぐ妻の割合の国際比較」です。ISSPが2012年に実施した『家族と性役割の革新に関する調査』では,「あなたとパートナーでは,どちらが多くの収入を得ていますか」と問うています。Q22です。個票データは,下記リンク先でダウンロードできます。
http://www.issp.org/data-download/by-year/

 調査票の原文のスクショを載せましょう。やや見にくいですが,ご寛恕のほど。


 私は,25~54歳の女性を取り出し,選択肢の1~4を選んだ人の比率を計算しました。1~7の有効回答をした人の中でのパーセンテージです。夫と対等,ないしはそれ以上稼いでいている妻の割合ということになります。

 日本でいうと,1~7を選んだ有効回答者213人のうち,1~4の人は12人です。比率にすると5.6%,18人に1人です。予想通り,夫と対等以上稼ぐ妻は,ごく少数ですね。妻の稼ぎが一定額を超えると,夫が配偶者控除を受けられなくなる制度もありますし。

 しかし,他国はそうではありません。上記調査の対象は41か国ですが,同じ値を計算し,高い順に並べたランキングにすると,以下のようになります。ツイッターで発信したのはこれです。


 日本の5.6%は,41か国の中では最低です。われわれは慣れ親しんでいる状況(常識)は,世界では普遍的でも何でもありません。国際標準でみたら,特異な部類に属します。中高のジェンダーフリー教育の教材として,生徒にこういうのを見せるといいかもしれませんね。

 アメリカでは34.8%,フランスでは40.4%,上位3位のスイス・ポルトガル・インドでは,半分以上の妻が「夫と対等以上の稼ぎがある」と回答しています。スゴイですね。

 インドは「?」マークが付くのですが,怠ける男性が多いのでしょうか。あるいは,ある方がツイッターで言われていましたが,調査対象となった女性にバイアスがあるのかもしれません。人口超大国のこの国では,精緻なサンプリングもなかなか難しいと思われます。

 先に記したように,わが国では,妻の稼ぎが多すぎると損をするという,配偶者控除制度があります。それを意識した働き方をしている女性も多く,25~54歳の非正規女性(既婚)の46.7%が「就業調整」をしていると答えています(『就業構造基本調査』2017年)。

 今年からそのラインが103万円から150万円に引き上げられましたが,果たして稼ぎの額の問題でしょうか。配偶者の稼得能力が低い場合,主たる家計支持者の所得控除をしようという制度なんですが,現実のところ,女性の稼得能力を抑え込ませる形に機能しています。私としては,稼ぎの額ではなく,稼ぎが少なくなざるを得ない事由を,控除の要件にすべきかと思います。子育て,介護,病気等です。

 ところで,夫と対等以上稼いでいる妻の心の内は様々でしょう。ガシガシ稼げて充実感を得ている人もいれば,夫がだらしないので自分があくせく働かないといけない,という不満を持っている人もるかと思います。

 幸福感とのクロスをして,この点を垣間見てみましょうか。上記調査では,「今の生活をトータルに考えて,自分はどれほど幸福と思うか」と訊いています(Q24)。選択肢は7つですが,最も強い「Completely happy」と「Very happy」の回答比率をとってみます。

 夫と対等以上稼いでいる群(A群)とその他の群(B群)に分け,当該の比率を計算してみました。以下の表は,国別の一覧です。右欄の数値は,%の母数となったサンプル数です。カナダ,イギリス,日本はA群のサンプル数が少ないので(50人未満),左の幸福率は参考程度に見てください。


 A群よりもB群の幸福率が高い国が25か国となっています。しかし,その逆の社会もあり,福祉先進国のデンマークでは,A群が57.4%,B群が45.0%と,前者のほうが12.4ポイント高くなっています。夫と対等以上稼いでいる妻の幸福度が高いようです。

 日本はA群のサンプルがわずかですので参考値ですが,日本もこの部類に入ります。

 傾向を見いだすのは難しいですが,資料として掲げておきます。「こういうことではないか」という,お気づきの点がありましたら,ツイッター等でお教えいただけますとありがたいです。

 ただ,白河桃子氏も言われていますが,専業主婦は,貧困やDV被害と常に背中合わせです。夫にしがみつかないといけないわけですので。それから解き放たれている女性の幸福率が高いというのは,分かる気がします。

 女性の就業意欲や稼得能力を抑え込んでいると言われる,配偶者控除制度を見直せば,最初のグラフに示される日本の状況も変わるでしょうか。この制度は,「妻は仕事はほどほどにして家事,夫はフルに仕事」という,ジェンダーメッセージを発していることは,よく指摘されます。

 労働力不足の時代にあって,配偶者控除のラインがああだこうだと言って,女性の就業を抑え込んでいる場合ではありません。個々の家庭にしても,夫婦の二馬力でないとやっていけません。それが不可能でないことは,今回の国際比較の統計から察することができるかと存じます。

2018年11月5日月曜日

健診受診率のジェンダー差

 42歳になり,健康面に気を付けないといけなくなりました。そのために欠かせないのは定期的な健康診断ですが,勤め人でない私は,会社がやってくれるわけではありません。年に1回,住んでいる自治体(横須賀市)の健診を受けています。

 横須賀市は熱心で,市民健診や健康イベントの周知はもちろん,前年の国保の利用額についても知らせてきます。「去年,てめえの医療費がこれだけかかったぞ」とね。その額をみると,確かに気が引き締まります。私は去年,歯茎の手術を2回やったので,だいぶお世話になりました。

 言わずもがな,大事なのは予防です。北欧では,歯の定期健診を受けないで虫歯になった場合,治療費は自己負担になってしまうのだそうです。がんが怖いからと,食生活に気を配るのはいいですが,がん検診を受けないのはリスクが高い。健診はちゃんと受けたいものです。

 その健診ですが,編集者さんから「健診の受診率にジェンダー差があるの知っていますか?」と言われました。健診受診率の学歴差はデータを出したことがありますが,もっと基本的な男女差はまだ見ていませんでした。専門家というのは,一般人の素朴な意見(疑問)に足元をすくわれることが多いのですよね。

 2016年の厚労省『国民生活基礎調査』で,過去1年間に健診等を受診したかを訊いています。以下のグラフは,受診したと答えた人の割合の年齢カーブです。「不詳」は分母から除いて率を出しています。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/20-21.html


 なるほど,どの年齢層よりも,女性より男性の受診率が高くなっています。とくに,働き盛りの年齢層では差が大きくなっています。

 編集者氏がいうには,正社員率の違いの故だそうです。正社員ならば,黙っていても,会社の健診を受けさせられますからね。しかるに,非正規雇用や無職者はさにあらず。当人の意志に委ねられます。健診がいつ・どこで実施されるかという情報にも,アンテナを張らないといけません。費用負担の心配もある。

 女性では,30代前半の陥落が大きくなっています。片時も目が離せない乳幼児がいるステージですが,健診に行く時間もとれないのかもしれません。

 30代の女性は,育児のため家庭に籠ることが多くなります。健診受診率の谷は,その表れといえるでしょう。しかし,その度合いは地域によって違います。30代女性の健診受診率を都道府県別に出し,高い順に並べると以下のようになります。震災のため,熊本県はデータがありません。


 同じ30代の女性ですが,健診の受診率は,73.2%から49.2%までの開き(range)があります。上位県と下位県の顔ぶれを見て,私は即座に,女性の社会進出の度合いと相関しているなと思いました。

 2017年の『就業構造基本調査』から30代女性の正社員率を出し,上表の健診受診率との相関をとってみましょう。正社員率とは,30代女性人口のうち,正規職員である者が何%かです。
 

 結果は予想通りです。おおむね,30代女性の正社員率と健診受診率の間には,プラスの相関関係が見受けられます。相関係数は+0.6904です。

 身体のケアというのも,社会とのつながりの関数なんですよね。それから漏れがちな層には,意図的に手を差し伸べることも求められます。いわゆる,アウトリーチです。

 最近,健康格差という現象に関心が向けられていますが,所得差の前段に位置するジェンダー差にも注意する必要がありそうです。健康寿命という指標に基づくと「男<女」という結果が導き出されますが,出産・育児期や壮年期に焦点を合わせたら,その逆かもしれません。共働き化が進む一方で,育児・介護といった負荷は,未だに女性に偏しています。それでいて,病気を検出する健診の受診率は,ここで見たように女性のほうが低いのです。

 話を広げると,これから先,雇用の非正規化やフリーランス化というように,会社に属さない働き方が増えてきます。会社依存の健康管理のシステムも変わってくるでしょう。「ちゃんと健診を受けてください,でないと,病気になった時,治療費が割高になりますよ」と,自己責任の幅を多少広げることも必要かもしれません。むろん,情報提供や費用負担等の措置は講じた上でです。

2018年11月1日木曜日

2018年10月の教員不祥事報道

 10月分の教員不祥事報道の整理が今日になってしまいました。先月に私がネット上でキャッチした教員不祥事報道は53件です。いつもより多めでした。

 赤字は風変わりな事案。借金返済のため風俗店でバイトしていた,小学校の女性講師(27)。風俗で働いていたことではなく,地方公務員の兼業制限規定に触れたことが処分の理由です。

 地公法38条1項では,任命権者の許可なくして職員は営利事業に従事してはならない,と定められています。逆にいえば,許可を得れば,講演や書籍執筆等で報酬を得ることはできる。ゆえに「禁止」ではなく「制限」という言い回しになっています。

 秋も深くなってきました。「最近,舞田さん,ブログやツイッターの書き込みが減っているな」という声があります。申し訳ありません。実はペットのいる生活を空想し,ダックスフンドの動画を見まくる,だらけた生活を送っています。ペット可の物件サーチもし,ペットサークルの配置の仕方なども考えています。これが結構楽しい。

 まあ,犬を飼い始めたら稼ぎをちょっと増やさないといけないので,生活はキュッと引き締まります。どうなるか分かりませんが,来年から,愛犬の動画をブログでアップする頻度が増えるかも。このブログにも彩りが出てきそうです。

 寒くなってきました。明日の昼,生協で頼んだ厚手の冬用布団が届きます。暖かくして寝ましょう。

<2018年11月の教員不祥事報道>
部員に体罰、暴言…20分間正座、耳に洗濯挟み
 (10/2,サンスポ,奈良,高,男,28)
小学教諭が覚醒剤所持容疑 現行犯逮捕(10/3,産経,神奈川,小,男,43)
福岡市の小学校の男性教諭、授業中に女子児童を盗撮か
 (10/5,JNN,福岡,小,男,45)
勤務先の中学校で生徒の金や楽器を盗む 教諭を免職処分
 (10/5,朝日,愛知,中,男,39)
窃盗、酒気帯び事故 愛知県教委、教諭2人停職処分
 (10/5,中日新聞,愛知,窃盗:高男23,酒気帯び:小男50)
死亡事故の女性教諭を減給処分(10/5,熊本放送,熊本,中,女,52)
「ストレスたまり」女性の尻触る、中学教諭逮捕
 (10/8,読売,北海道,中,男,36)
男性教諭、女児の顔に文房具投げ付け減給3カ月
  (10/9,日刊スポーツ,大阪,小,男,40)
女子大学生にわいせつ行為 京都市の総合支援学校の教諭を逮捕
 (10/10,産経,京都,特,男,31)
元教え子の少年と関係 45歳女性教諭を懲戒免職
 (10/11,北海道テレビ,北海道,中,女,45)
酒気帯び運転で高校教諭を逮捕(10/11,東北放送,宮城,高,男,59)
小学校教諭が盗撮で停職処分(10/11,NHK,大分,小,男,29)
答案用紙559枚、リュックに入れ駐車場に放置
 (10/12,読売,広島,小,男,26)
教え子にわいせつ行為で高校教諭懲戒免職
 (10/12,長崎放送,長崎,高,男,59)
教諭が飲食店で同席の女性に向け下半身露出し停職 
 (10/12,日刊スポーツ,青森,わいせつ:中男42,露出:特男51)
小学教頭が221万円着服~懲戒免職処分に(10/12,RKB,福岡,小,男)
当て逃げ疑い高校教頭逮捕 軽傷男性が110番中に逃走
 (10/13,サンスポ,石川,高,男,62)
小学校教諭、少女に裸の写真送らせ懲戒免職
 (10/15,サンスポ,石川,小,男,39)
教え子にわいせつ行為 千葉県香取市立中の教諭を逮捕
 (10/16,産経,千葉,中,男,43)
長女の首絞め容疑 高校教諭逮捕(10/16,NHK,新潟,高,男,56)
退学・転学者の情報流出 相可高の男性教諭 業務連絡メールを誤送信
 (10/17,三重,伊勢新聞,高,男,51)
陸上部員、顧問に蹴られて骨折(10/17,読売,京都,高,男,50)
電車内で男子高校生触る 痴漢容疑で高校教諭の男を再逮捕
 (10/17,京都新聞,京都,高,男,32)
体罰:男性教諭、トイレで男児の頭殴る 訓告処分
 (10/17,毎日,香川,小,男,20代)
県代表駅伝女子チームコーチが…54歳高校教師 女子高生のスカートの中盗撮した疑いで逮捕(10/18,東海テレビ,三重,高,男,54)
卒業式前に生徒の髪を切る体罰・50代女性教諭を処分
 (10/18,FNN,山形,中,女,50代)
同僚女性5人にセクハラ、特別支援学校の教諭停職
 (10/18,サンスポ,静岡,特,男,31)
中学教諭が保護者と飲酒 急性アル中で1人搬送後も2次会へ
 (10/19,神戸新聞,兵庫,中,男,30代)
公立校講師 女生徒にわいせつ行為 岡山(10/19,山陽新聞,岡山,男)
公然わいせつ疑いの講師懲戒免職(10/19,NHK,兵庫,中等,男,28)
「校舎80周」で教諭減給 部活指導でミス多いと罰指示、熱中症で倒れ救急搬送
 (10/19,サンスポ,滋賀,中,男,31)
女子高生にマッサージ...わいせつ行為で30代教諭
 (10/21,福島民友,福島,特,男,30代)
女子トイレの下からスマホ、個室にいた教諭逮捕
 (10/21,読売,福岡,中,男,26)
高根沢の中学教諭逮捕 酒気帯び運転容疑
 (10/21,下野新聞,栃木,中,男,54)
“強制わいせつ” 福岡市中学校教諭逮捕(10/21,RKB,福岡,中,男,34)
飲酒運転して衝突事故 中学校教諭(42)を懲戒免職
 (10/22,中京テレビ,三重,中,男,42)
女子高バレー部女性顧問、部員の脚を蹴る
 (10/23,読売,大阪,高,女,60代)
野球部監督を戒告の懲戒処分 頭をバットで小突く
  (10/23,日刊スポーツ,高知,高,男,60代)
体罰:生活態度悪いと丸刈り命じる 帝京第五高サッカー部
 (10/23,毎日,愛媛,高,男)
女児の裸写真送信させる 容疑の市立小教員逮捕
 (10/23,産経,宮城,小,男,22)
特別支援学級の担任、生徒4人に暴言 京都の中学校謝罪
 (10/24,朝日,京都,中,女,50代)
部活中 女生徒の体触る 徳島県立高男性教諭を処分
 (10/24,徳島新聞,徳島,高,男,56)
紀の川市の小学校で現金窃取の教諭を懲戒免職
 (10/24,和歌山放送,和歌山,小,男,26)
児童を引きずり足にけが…公立小学校の講師を戒告処分
 (10/25,瀬戸内海放送,香川,小,男,38)
男湯を盗撮した男性教諭を懲戒免職(10/26,産経,埼玉,中,男,33)
淫行疑いで中学教諭逮捕 愛媛・今治
 (10/26,産経,サンスポ,愛媛,中,男,49)
わいせつ2教諭を懲戒免職 東京都教委
 (10/26,産経,東京,高男48,高男39)
掃除ばかり3カ月半、練習させず 金光大阪高サッカー部
 (10/27,朝日,大阪,高,男,55)
車にはねられ女性死亡 教諭を逮捕(10/27,日テレ,熊本,小,男,49)
小学校の教師が勤務先のトイレで8歳女児盗撮の疑い
 (10/28,関西テレビ,兵庫,小,男,32)
小学校教諭 児童十数人の体触る(10/30,NHK,北海道,小,男,36)
県立高校教諭が盗撮の疑いで逮捕(10/31,NHK,島根,高,男,35)
大阪市教委:風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分 
 (10/31,毎日,大阪,小,女,27)

2018年10月28日日曜日

性別・年齢層別の転居の理由

 10月も下旬,爽やかな秋晴れの日が続きますが,いかがお過ごしでしょうか。昨年の3月初頭に横須賀に越してきてから,1年8か月ほどになります。この地でも生活も落ち着いてきました。

 なぜ東京から転居したかというと,近くに海がある暮らしがしたかったからです。大学非常勤講師の職を辞し,家賃の高い東京にいる必然性がなくなったのもあります。

 ツイッターで何度も書いてますが,私は,居を固定する気にはなれないのですよね。家を建てる資金があったとしても,賃貸暮らしを選びます。変動の激しい時代,一つの場所に定住を強いられることの苦痛(リスク)は小さくないと思うのです。どういう土地での暮らしが有利になるかは,今後,目まぐるしく変わっていくでしょう。

 それに私自身,気が移ろいやすい人間です。理由は後述しますが,「また転居しようか」という気が芽生えてきています。

 転居をする人は,年間にどれくらいいるのでしょう。2017年10月に実施された『就業構造基本調査』によると,直近の1年間(2016年10月~2017年9月)に転居した15歳以上人口は616万人となっています。私も,そのうちの一人です。

 私の年齢層の40代前半だと,男性が27万人,女性が23万人ほどです。仕事,子育てといろいろ役割が課される時期ですが,どういう転居の理由はどういうものか。マイナー(曖昧)な理由の掃きだめである「その他」を除いて,理由の内訳を整理すると,以下の表のようになります。上記調査の全国編「人口・就業に関する統計表」の第192表から作成したものです。


 男性では「転勤」,女性は「子どもの養育・教育」という理由が最も多くなっています。性差に注目すると,差が飛び抜けて多いのは「家族の仕事の都合」です。男性は3.8%でしかないのに対し,女性では27.6%をも占めます。

 女性の場合,夫の転勤に付いて行く,いうものでしょう。転勤族の夫と結婚し,目まぐるしく居を変える妻のことを「転妻」と呼ぶのだそうです。

 これは40代前半のデータですが,当然,ライフステージによる違いもあります。5歳刻みの年齢層別に同じデータをつくり,年齢変化を滑らかに見て取れる面グラフにすると,以下のようになります。


 10代では大学進学等による転居(通学)が多く,20代前半では就職に伴う転居が多くなります。その後は結婚・子育てといった,家族形成に関する理由が幅を利かせ,50代以降では老親の介護という理由での転居が増えてきます。データは実に正直です。

 ジェンダーの差も出ており,働き盛りの男性では「転勤」,女性では「家族の仕事の都合」が幅を利かせています。先に指摘しましたが,男性と女性の一番の違いはココです。

 昔は,妻が夫の転勤についていくのは致し方ないことと諦められていましたが,今ではさにあらず。夫婦とも正社員の共働き家庭も多くなっており,「なぜ妻が辞めないといけないのか」という声も強くなっています。夫の転勤のたびに,これまで築いてきたキャリアや人間関係をリセットされ,どんどん無力化(奴隷化)されていく「転妻」の問題もクローズアップされるようになってきました。

 「家族の仕事の都合」という理由での転居者の実数にすると,男女の差がインパクトあるものになります。最初の表によると,40代前半では男性が6700人,女性が3万4700人でした。以下のグラフは,5歳刻みの数の年齢カーブです。


 男性より女性で圧倒的に多いことが知られます。女性の全年齢を合算すると,およそ29万人です(男性は約8万人)。これだけの女性が,家族の仕事の都合(≒夫の転勤に付いて行く)という理由で,転居をしているわけです。

 ピークは,20代後半から30代です。ちょうど結婚期と重なっています。一緒になった相手の転勤により,仕事を辞めないといけないのではないかと,気が気でない女性も少なくないでしょう。昔と違い,離職の損失が大きい正規雇用の職に就いている女性も多くなっています。もしかすると,未婚化の遠因はこういう所にもあるのかもしれません。

 こういうことで女性の労働力が失われるのはマズイという認識からか,地域間で人材を融通し合っている業界もあるようです。たとえば地銀で,転居前に銀行に勤めていた人が,転居先でも同種の仕事で働けるよう,人材のデータベースを作っているとのこと。
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/01/0123.html

 ただ,転勤命令は場合によってはパワハラに当たる,という議論もあるようです。当人の家庭状況も考慮する必要がある,ということです。米国では,夫婦が同じ寝室で寝なくなったら夫婦関係の破たんを意味する,という考えから,著名な研究者を大学が引き抜く際は,配偶者のポストも用意しないといけないのだそうです。

 日本では,こんな話はまず聞きません。,家族の仕事の都合(≒夫の転勤に付いて行く)という理由で転居する女性は,年間およそ29万人。この数字の重みが伝わってきます。公共の福祉に反しない限り,国民は転居の自由を有すると憲法22条で規定されてますが,それを無慈悲に強いるのも,公共の福祉に反するといえるでしょう。

**********

 まあ私は,「転居の自由」をプラスの意味合いで行使させてもらっています。気が移ろいやすく,一つの所に留まっていられない性分です。昨年の春に越してきたばかりですが,上述のように「また転居しようかな」という風が吹き始めています。

 42歳になり,そろそろ独り身に疲れてきて,ペットを飼育しようかと思うのです。夕刻のウォーキングでいつも会うおじさんが連れている,ミニチュアダックスフンドの子犬にベタぼれし,飼いたいなあと思いました。

 今住んでいるアパートはペットは不可。今度,大家さんと顔を合わせた時,「小型犬を一匹いいですかね」と,さりげなく聞いてみようかと思いますが,多分ダメでしょう。しからば,転居をしないといけない。

 横須賀を離れるつもりはなく,同市内で今の部屋と同じくらいの家賃で,ペット可の物件を探してみたら,結構あるじゃありませんか。


 飼う犬は,ミニチュアよりも更に小型のカニンヘンダックスがいいかな。ブリーダーのページを眺める日が続いています。
https://kaninchen-dachshund.min-breeder.com/

 ネットで調べてみたら,年間の飼育費用のトータルは25万円ほど。今の稼ぎを,1か月あたり2万円増やせばいいだけです。これくらいなら,難しくはありません。今連載しているメディアの記事掲載頻度を増やす,有料「note」を始める,不本意ですがブログのマネタイズを始めるなど,いろいろ手はあります。

 どうなるか分かりませんが,来年は,私にとって初の「同居者(犬)」ができる年になるかもしれません。

2018年10月23日火曜日

20代後半の未婚男性の所得中央値

 29歳で年収550万円の男性が,「普通の男の婚活」という記事をブログに投稿したところ,「その年でその年収は普通か?」という反応が相次いでいるそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/15475640/

 今時,29歳で500万以上も稼ぐ人なんて,そういないでしょう。この人は婚活中ということですので未婚者かと思いますが,20代後半の未婚男性の所得分布をとってみましょうか。2017年の『就業構造基本調査』から,データを作ることができます。都道府県編の「人口・就業に関する統計表」の表23です。


 「DB」ボタンを押して,「性別 × 年齢 × 配偶関係 × 所得」のクロス表を作るといいでしょう。この資料でいう所得とは,税引き前の年間所得額です。

 下の表は,20代後半の未婚男性有業者(204万人)の所得分布表です。所得の階級区分は,原資料によります。


 一番多いのは,300万円台となっています。全体の28.4%がこの階層に属します。冒頭のブログの主は年収550万とのことですが,上記の全国統計によると,所得が500万円を超えるのは全体の7.1%しかいません。ご自身を「普通の男」と称していますが,全然普通じゃないですね。

 では,この年代の「普通の男」の収入はどれくらいか。上記の度数分布表から代表値を出してみましょう。よく使われる平均値よりも,中央値(Median)がベターです。中央値は,全データを高い順に並べた時,ちょうど真ん中にくる値をいいます。

 このブログを長くご覧いただいている方はお分かりでしょうが,度数分布から中央値を出すときは,按分比例を考えを使うのですよね。累積相対度数が50ジャストの中央値は,300万円台の階級に含まれることが分かります。

 按分比例を使って,その値を割り出しましょう。以下の2ステップです。

① 按分比=(50.0-48.8)/(77.3-48.8)=0.042
② 中央値=300+(100×0.042)=304.2万円

 はじき出された中央値は,304.2万円です。これが,20代後半の「普通の男」の所得です。冒頭のブログ主の男性(29歳,年収550万円)は,これから大きく隔たっています。「普通じゃねえだろ!」という反発(嫉妬)が寄せられるのは当然なり。

 結婚期のフツーの未婚男子の所得は300万円ちょっと,税引き後の手取り年収だと,確実に200万円台です。婚活中の若い女性にすれば,頭をガツンと殴られる感じでしょうね。しかるにこれが現実。

 地域別にみると,もっと悲惨な状況が露わになります。同じやり方で,20代後半の未婚男性の所得中央値を,47都道府県別に計算してみました。一昨日,ツイッターで発信したところ,非常に多くの方が見てくださっています。ここに,結果を再掲いたしましょう。


 20代後半の未婚男性の所得中央値が300万円を越えるのは12県だけです。先ほどみた全国値(304.2万円)は,人口が多い大都市に引きずられたものであることが知られます。全国値だけを見ていてはダメですね。

 35の県では,所得中央値が300万円を下回っており,250万円に届かない県も5県あります。郷里の鹿児島はここに含まれちゃっています。本県の婚活女性は,300万稼ぐ男性に出会えたら「御の字」というところです。婚活イベントにやってくる,フツーの若い男性の所得が244万円なんですから。繰り返しますが,これは税引き前の所得で,手取りにしたらもっと悲惨な数値になります

 このデータは,各地の婚活業者の参考になるかと思うのですが,どうですかねえ。「400万,できれば500万の収入がある人を」と口にする女性が目にしたら,ぐうの音も出なくなるでしょう。

 ツイッターのリプで「これは未婚者のデータで,稼ぐ人は早く結婚するんじゃないか」という疑問がありましたが,既婚者も含む全体のデータも大して変わりません(右欄)。鹿児島は,244万円から263万円にアップする程度です。既婚者を含めても,300万円のラインには程遠し。

 これまで何度も申していますが,夫婦二馬力じゃないとやっていけない時代になっているのですね。専業主婦という選択肢は,現実問題としてかなり難しい。

 しからば,二馬力が可能になるように保育所を増設しないといけないのですが,政府がしていることを見るとどうでしょう。認可保育所の費用が無償になる一方で,保育士の給与は月額3000円ほど上げるだけとのこと。これでは保育士のなり手は増えず,待機児童問題は解消されないでしょう。消費税アップで得られた財源の用途を,間違えないでほしいものです。

 ブロゴスで,「アマゾン本社に6000匹の犬が出社 増えるペットOKの職場 認められる効果」という記事が出ていますが,子連れ出勤を広めることはできないものか。イタリアやニュージーランドで,子連れで出勤する議員の姿には勇気づけられます。
http://blogos.com/outline/333312/

 今回のデータから若者の貧困化が痛いくらい分かりますが,その挽回を,当事者にのみ委ねるのは酷というものです(夫婦でもっと働け,というように)。聞けば,企業の内部留保は過去最高になっているとのこと。それでいて,労働者の給与(取り分)は惨憺たる状況。労働者への配分率を高めるべきかと思います。それが,消費の活性化,出生率の向上となって,社会全体に潤いをもたらすでしょう。

 「若者の**離れ」が言われますが,それは「おカネの若者離れ」に由来する部分が大きいことも,今回のデータからうかがえるかと思うのです。

2018年10月22日月曜日

ヴェルニー公園

 今日は天気がよかったので,ちょいと出かけてきました。行先は,横須賀市の名所,ヴェルニー公園です。横須賀製鉄所の建設を指導し,日本の近代化に貢献した,フランス人技師のヴェルニーに因むそうです。
http://www.kanagawaparks.com/verny-mikasa/verny/


 JR横須賀駅前に入り口があります。海に沿った長細い公園で,園内の至る所にバラが咲いています。欧風の作りで,気品の良さが漂っています。夕刻や夜間は,カップルも多くなるのでしょうね。横浜の山下公園に勝るとも劣らない,デートスポットなのかな。

 園内には,コルセールというカフェレストランがあります。ちょうどお昼前でしたので,ここで昼食をとりました。海を見ながらくつろげるお店です。テラス席も用意されています。


 注文したのは,横須賀海軍カレー。ここは本場のようで,1200円とやや値が張りますが,出てきたのはアートと呼べるような代物です。マンゴージャムが入っていて,程よい甘さが添えられているのもいい。


 海軍カレーは市内のいろいろな店で食べましたが,私が経験した限りでは,ここのがベストかな。

 この店はオシャレなんで,会合にもいいなあ。横須賀駅までお出ましいただき,海を見ながら店までご案内。平日は予約もOKとのこと。会合に使うお店のオプションが増えました。

 ただ京急の横須賀中央駅とは違い,JRの横須賀駅は都心からのアクセスがやや不便です。横須賀線は,大船,鎌倉,逗子をぐるっと迂回してきますので。やはり,横須賀中央駅から徒歩3分,三笠商店街にある南蛮茶屋が第一候補ですね。

 ヴェルニー公園を出て,異国情緒漂う「どぶ板通り」を冷やかした後,その南蛮茶屋に久々に行きました。

 店主夫人に挨拶し,「ツイッターを始めたのですね」と言ったら,「お店紹介のツイートをRTしてくれましたか?それを見せてくれれば,コーヒー一杯無料ですよ」と言われました。ツイッター開設記念のサービスだそうです。


 いやあ,ありがたい。おかげで,アイスコーヒーとシナモントーストのセットに420円でありつけました。
 

 横須賀においでになった時は,上記リンク先のツイートをRTし,南蛮茶屋に行きましょう。ヨコスカの雰囲気が漂ったお店で,至福の時を過ごせます。

 10月も下旬になり,朝晩は冷え込むようになりました。季節の変わり目,体調管理には気を付けましょう。

2018年10月18日木曜日

チャンスが開けている県

 「チャンス」とは,響きのいい言葉です。一攫千金のチャンス,一旗揚げるチャンス…。こういうフレーズをよく聞きますが,本記事でいう「チャンス」とは,こういう文脈のものではありません。

 また,前途ある若者とセットで語れることが多いですが,チャンスというのは,若者の占有物ではありません。どのステージの人にも,等しく開かれたものです。

 私は,自分が属するアラフォー年代について,ライフチャンスが開けている度合いを県ごとに比較することを思い立ちました。これまでとは異なる,21世紀型のライフコースをとれるチャンスです。やり直しができるか,自由な働きができるか,基本的な観点はコレです。この観点のもと,以下の5つのチャンスを考えてみます。

 1)結婚するチャンス
 2)事業を興すチャンス
 3)フリーで働くチャンス
 4)学び直しのチャンス
 5)非正規から正規に上がれるチャンス

 伝統的な意味合いの結婚期を過ぎたアラフォーでも,結婚を望む人は数多し。起業やフリーランスは,21世紀型の働き方として推奨されています。学び直しは,生涯学習社会の要請に応えるもの。最後の5番目は,「再チャレンジ!」です。

 各項目を可視化すべく,以下の統計指標を計算しました。分析対象は,35~44歳のアラフォー年代です。

1)婚姻率
 分子=2015年中に婚姻(初婚)を届け出た夫の数
 分母=2015年10月時点の未婚男性数
 *分子は厚労省『人口動態統計』,分母は総務省『国勢調査』

2)起業者率
 分子=2017年10月時点の起業者数
 分母=同時点の就業者総数
 *分子・分母とも,総務省『就業構造基本調査』

3)フリーランス率
 分子=2015年10月時点の雇人のいない業主者数
 分母=同時点の就業者総数
 *分子・分母とも,総務省『国勢調査』

4)通学人口率
 分子=2015年10月時点において,労働力状態が「通学のかたわらで仕事」ないしは「通学」の者
 分母=同時点の総人口(労働力状態が不詳は除く)
 *分子・分母とも,総務省『国勢調査』

5)非正規から正規への移動率
 2017年10月時点の正規職員のうち,初職が非正規雇用であった者の比率。
 *総務省『就業構造基本調査』

 これらの5つの指標をもとに,21世紀型のライフチャンスの開放度を,47都道府県別に比べてみようという目論見です。

 まずは,合成する前の数値から見ていただきましょう。指標によって単位が違うので注意してください(‰は,千人あたりの数です)。黄色マークは最高値,青色は最低値を意味します。赤字は上位5位です。



 アラフォーの未婚男子の結婚チャンスですが,首位は東京です。遅まきながらの結婚チャンスは大都市にあり。しかし,2位以降はバラけており,わが郷里の鹿児島も上位5位にランクインしています。男が県外に出て行っているので,未婚男女の女性比が相対的に高いですしね。

 起業者率の首位も東京。フリーランス率の首位は和歌山となっています。通学人口率のトップは京都です。大学が多い故でしょう。その次は沖縄ですが,本県は生涯学習の先進県として注目されています。私の修士時代のボスも,沖縄にベタ惚れしていて,沖縄の社会教育の本を何冊か出しています。

 非正規から正規への移動率は,沖縄が飛び抜けて高くなっています。アラフォーの正社員の22.8%(5人に1人)が,非正規から上がってきた者です。開けていますねえ。新卒時の正社員就職率が高い北陸や中部の県では,この値は低くなっています。

 東京と沖縄は,赤字が4つあります(高知は3つ)。

 これらの5指標を合成して,単一の「チャンス」尺度を作りましょう。これらは値の水準が全然違うので,単純に平均するようなことはできません。同列に操作できる指数に加工する必要があります。最高値を1.0,最低値を0.0とした場合の相対値にしてみます。

 計算式=(当該県の値-最低値)/(最高値-最低値)

 このやり方で,鹿児島県のフリーランス率を指数にすると,(45.0-28.4)/(52.2-28.4)=0.695 となります。

 下の表は,この方式で加工した相対指数の一覧です。お分かりかと思いますが,最高値は1.0,最低値は0.0となります。


 これで,5つの指標が同じ性質のものになりましたので,均すことが可能です。右端は5つの指標の指数を平均したものです。これをもって,チャンスの開放度の指標としましょう。

 ほう。最高値は南端の沖縄ですね。最下位は秋田。子ども期のステージでは,「学力トップの秋田,劣勢の沖縄」という構図がよく言われるのですが,アラフォー年代に舞台を移すと,状況が逆転します。

 沖縄の次は,首都の東京です。やはり大都市は強い。しかし全体的に見渡すと,チャンスが開けている県は,西日本で多いようです。赤字は総合指数が0.4を超える県ですが,近畿と四国・九州が染まっています。

 これらの県に色をつけた,アラフォーのチャンスマップは以下です。


 地域性が実に明瞭ですね。21世紀型の新たなライフチャンスは「西南」にあり。幕末期の野望の分布図と近似しているのが,何とも象徴的です。

 都道府県別の「住みやすさ」ランキングでは,いつも北陸や中部の県が上位になるのですが,要素として使われる指標をみると,子どもの学力とか,三世代同居率とか,正社員率とか,伝統的に「よし」とされるものばかりです。

 しかし今回のように,観点(素材)をちょっと変えてみると,地図の模様がガラッと変わるのは面白い。手前味噌ですが,21世紀型の価値観を反映したランキング(地域評価)としては,今回の試みのほうがベターかと思います。

 沖縄がトップという結果になりましたが,それは人口移動統計にも出ていて,アラフォー年代の転入超過率も高いのですよね。この年代では,大まかにいって「人は西に動く」傾向にあるのですが,今回のチャンス開放度の分布と一致します。
https://tmaita77.blogspot.com/2017/02/blog-post_21.html

 チャンスが開けた地に人は動く。人口を呼び寄せたいならば,やり直しができる,21世紀型の自由な(緩い)働き方ができる,といったチャンスの水準を上げる努力をすべきかと思います。白々しいPRよりも,こちらがずっと重要です。

 現在は,明治維新の頃に劣らぬ大変化の時代ですが,当時と同じく,それを牽引するのは「西南」の地なのかもしれません。