2019年5月20日月曜日

4~5万円台で借りられる賃貸の広さ

 私は,横須賀市の長井という地域にて,賃貸アパートに住んでいます。相模湾に面した西海岸です。

 隣のアパートの若いファミリーが,近くに念願のマイホームを建て,ニコニコ顔で引っ越して行きました。引っ越し作業を見守っている旦那さんと立ち話しましたが,「舞田さんも,安い中古のマンション買ったらどうですか,年をとったら賃貸も借りにくくなりますよ」と言われました。

 うう,私が抱いている懸念を言い当ててくれました。孤独死を恐れてか,高齢者に部屋を貸すのを嫌がる家主が多いですからね。しかし今は奨学金を返済中ですので,叶いそうにありません。まあ近未来は,孤独死保険が普及したり,ITを使った安否確認網が発達したりと,事態は変わるのではないか。こう楽観しています。

 賃貸(借家)の統計といえば,総務省の『住宅土地統計調査』です。最新の2013年調査にて月家賃の分布をみると,4~5万円台の階級が最も多くなっています。私が今住んでいる部屋も,この階級に属します。

 想像がつくでしょうが,この家賃でどういう部屋を借りれるかは,地域によって大きく違います。私の郷里の鹿児島なら,そこそこのマンションを借りれますが,東京ではユニットバスの1ルームがやっとでしょう。

 上記の調査の公表統計をみると,家賃と延べ面積のクロス表が地域別に出ています。これを使えば,今申したことを数値で可視化できます。私は,月家賃が4~5万円台の借家世帯を都道府県別に取り出し,延べ面積の分布を明らかにしました。4~5万円台の家賃で,どれくらいの広さの部屋を借りれるか? 47都道府県の比較をやってみます。

 手始めに,私が住んでいる神奈川県の分布表をみてみましょう。4~5万円台の借家世帯(約33万世帯)の延べ面積分布です。


 最も多いのは20~29平米で3割,次に多いのは20平米未満の狭小住宅です。これらの広さの部屋(30平米未満)で,全体の56%を占めます。さすがは首都圏です。

 ただこれは,全国屈指の大都市の横浜市を反映しているでしょうね。神奈川といっても広いですが,三浦半島の横須賀市や三浦市は分布がもっと下に垂れています(後でお見せします)。

 上表の分布を簡易な代表値にまとめましょう。平均値よりも中央値(Median)がベターです。累積相対度数が50ジャストの中央値は,20~29平米の階級に含まれます。按分比を使って,これを割り出しましょう。

 按分比=(50-25.3)/(56.1-25.3)=0.8007
 中央値=20平米+(10平米 × 0.8007)=28.0平米

 神奈川県では,4~5万円台の家賃で借りれる部屋の広さは,ざっくり28平米ですよ,と言い表すことができます。ちょっと広めの1ルームというところです。

 当然,この値は県によってかなり違っています。私は同じやり方にて,47都道府県の家賃4~5万円台の借家世帯について,延べ面積の中央値を計算しました。下表は,高い順に並べたランキングです。昨日,ツイッターで流した表と同じです。
https://twitter.com/tmaita77/status/1130040550286012416


 予想通り,最も狭いのは東京都ですね。家賃4~5万円台では,24.2平米の狭い1ルームというのが相場です。次が古都の京都で,その次が先ほど取り上げた神奈川県,私の居住県です。下位5位には,大都市の都府県が見事に位置しています。

 表の左上に目をやると,この家賃で最も広い部屋を借りれるのは九州の宮崎県のようです。49.7平米,同じ家賃であっても,東京の倍以上の広めのマンションに住めちゃいます。私の郷里の鹿児島は43.5平米,さもありなんです。

 誰もが感じていることでしょうが,数値にするとインパクトありますね。ツイッター上でかなり注目されているようです。リプでも言われていますが,地方移住を促す「地方創生」のパンフに,こういうデータを載せるといいと思います。白々しいPRよりも,客観的な事実のほうが吸引力は強いでしょう。「宮崎いいな」「宮崎に移住しようかな」という声もあり。

 どこで働いても収入は一緒という,身の軽いフリーランスの皆さん,ぜひ参考になさってください。ただ,都会に勤務先がある勤め人の方は,そうはいかないかもしれません。しかし移住といってもバリエーションがあり,東京から九州への高跳びもあれば,近郊県の郡部へというようなプチ移住もあります。

 私は,このプチ移住を選択した人間の一人です。現住地は横須賀市の南西,三浦半島の西海岸で,畑と漁港の街です。街といっても,農村的な雰囲気がただよっています。それゆえ,家賃も安いです。『住宅土地統計』では市区別の「家賃×面積」のクロスもとれますので,三浦半島の横須賀市と三浦市の統計もご覧に入れましょう。比較対象として,都内23区と横浜市の分布も添えます。


 大都市の23区や横浜市では,4~5万円台の家賃では,20平米に満たない狭小住宅がマジョリティです。対して横須賀市と三浦市では,2段上がった30平米台が最も多くなっています。ちょっと足を延ばすだけで,ずいぶん違うもんです。

 「赤い弾丸」と形容される京急が通ってますので,都心へのアクセスは良好。横浜だったら,横須賀中央から20分ほどで行けます。

 私などは,たまに横浜や新宿に出る程度なので,今の賃貸暮らしにとても満足しています。2017年の春に多摩市から横須賀市に移り住んで,本当によかった…。

 移住といっても,大げさに考える必要はありますまい。ちょっと目を凝らせば,それほど遠くない穴場はあるでしょう。よくPRされていますが,三浦半島はおススメです。都心の文化を享受でき,かつ落ち着いた(海のある)暮らしができます。都会と地方のいいとこどり!

 身の軽いフリーランスの方は,ここでお見せしたようなデータを参考に,移住を検討されてもよいでしょう。どこに住んでも収入は一緒,それでいて家賃が安くなるなら,暮らしはかなり楽になります。私は,この特権を行使してよかったと思っています。

2019年5月15日水曜日

ロスジェネの一人として朝日新聞に登場

 今朝の朝日新聞ウェブ版に「40代,貧困ポスドクの悲哀,時給バイト以下,突然クビ」という記事が出ています。この記事に顔出しで登場させていただきました。
https://digital.asahi.com/articles/ASM4T747JM4TULZU017.html

 同紙の連載「ロスジェネはいま」に含まれる記事です。学校卒業時が就職氷河期と重なり,正規就職が叶わず非正規や無職に留め置かれている人が多し。団塊ジュニアのちょっと下の世代で,人数的にも多いです。

 ロスジェネも40代前半に達し,介護保険の支払い等,重みを増す税負担にあえいでいます。今は働き盛りですが,老後もチラチラ見え始め,一体どうなるのだろうと絶望に駆られている人もいるでしょう。年金など碌にもらえない人も多し。

 国も,この世代が高齢期に達したらどうなるかと懸念を抱き,また学校卒業期の状況がどうだったかで,こうも割を食うのは不公平だと,この世代の救済に乗り出しました。まずは名前からと,「人生再設計第一世代」とネーミングしてくださっています。

 朝日新聞の連載「ロスジェネはいま」は,こういう時流に即したものです。当該世代の当事者に会って,生の肉声を集めているようです。語り手は駒崎弘樹さん,雨宮処凛さん,小林美希さん,阿部真大さん…。なるほど,この世代の人たちですね。


 76年生まれの私も,末席に加えていただきました。当事者として私もロスジェネ問題に関心があり,いろいろデータを集め,ブログやニューズウィーク記事で言いたいことを申してきました。編集委員の真鍋弘樹氏が,それに関心を持ってくださったことによります。

 ロスジェネといっても色々な人がいますが,優秀なポスドク女性の自殺事件が起き,高学歴ワーキングプア問題への関心が集まる中,似たような状況に置かれているこいつの話を聞いてみよう。こういう意図もお持ちだったと推測します。

 連休前の平日に昼下がりに,横須賀中央駅までお越しいただき,行きつけの南蛮茶屋でお話ししました。まずは私の身の上話から。99年に学部卒業,01年修士修了,1年ダブって05年に博士修了,博士号を取得し,数校で非常勤講師をしながら大学専任職への道を模索したと。

 今でこそブログやツイッターで大学の悪口を言ってますが,05~10年頃は,私もせっせと教員公募に応募していました。1年間に8つくらい出してましたから,トータルで40ほど落選したことになります。今朝の記事で書かれている通りです。自殺された優秀な仏教研究者は20校ほど落選とのことですが,私はその倍以上です。

 経験者はお分かりでしょうが,「貴意に沿えず」を何回も食らっていると,心が荒んでくるのですよね。送った書類や業績がきれいなまま戻ってくるのもしばしば。30代半ばになると状況が厳しいのが分かってきて,「もういいや」となりました。最後の公募に応募したのは,2011年の3月半ばだったと記憶しています。東日本大震災の直後です。

 非常勤講師は続けましたが,給与が激安であること,そもそも採用時に給与すら聞けないこと,という話に驚いておられましたねえ。真鍋氏も,われわれの業界でいう「1コマの意味」をご存知ないようでした。1コマ3万円というのは,1回90分の講義ではなく,月4回の講義の対価です。1回あたりにすると7500円。授業準備や学生への質問対応の時間を入れたら,時給は学生バイト以下になります。記事で書かれていますが,「ボランティアや名誉職」という感じです。
https://tmaita77.blogspot.com/2015/01/blog-post_20.html

 給与を聞けないというのも,この業界では常識。代わりはいくらでもいますので,給与を聞こうものなら「じゃあいいいです,他の人に頼みます」と言われます。私自身,それをやってしまったことがあります。紹介してくれた先生にも話がいったようで,「非常識なことを聞くな」とお叱りを受けました。給与を聞けないことのほうが,よっぽど非常識だと思いますがねえ…。

 この業界は,やはり異常なんだなと感じました。

 その非常勤講師も,40歳になった2016年度をもって,軒並み雇い止めになりました。記事に書かれている通り,「若い人に代わって欲しい」という理由からです。専任職に応募する場合,教歴が問われますので,後進に道を譲らないといけません。この仕事にうんざりしていた面もあるので,「ああそうですか」と,大人しく職を退きました(懇親会や会合に全然出ない,私の態度が問題になったという話も聞きましたが)。2017年春に横須賀に越したのは,都内に居続ける必要がなくなったのもあります。

 今は文筆で生計を立てていますが,まあ,独り身を養う分の額は稼げています。「今後も,正規の研究職を目指すのか」と聞かれ,「いや,もういいっすわ」と答えたところ,相手はちょっと意外そうな顔をされていました。「はい,今後もトライします」と答えたら,「ロスジェネの救済を!」というトーンの美談を書けたのでしょうが,申し訳ありません…。

 ロスジェネは20年も社会の片隅に置かれ,メンタルを病んでいる人も多いです。「正社員化,正社員化というけれど,それは通用しないと思いますよ」と,私は言いました。

 「ロスジェネという,このさ迷える世代をレールに戻すには,どうしたらいいか」という問いには,「レール自体がおかしくなっている」と答えました。正社員を是とし,年功によって給与が決まる年功賃金制を改めない限り,ロスジェネが社会に入る隙などありません。時代にそぐわなくなった,昭和以来のレールを修理してほしい。ロスジェネ難民を乗せた列車の車輪に合うようにです。

 具体的にどういうことかは,記事の最後のほうをご覧くださいませ。ネット限定の有料記事ですが,朝日新聞には良質な記事が多いので,有料会員登録しても損はないと思います。私も,この4月から登録しています。月に980円,社会を語るなら必須の投資です。

 「ロスジェネはいま」は,とても楽しみな連載です。今後も,この世代の面白い人が続々登場するでしょう。最後になりましたが,モノ申す場を設けてくださった,朝日新聞編集委員の真鍋弘樹氏にお礼を申し上げます。

2019年5月11日土曜日

フルタイム就業女性の家事時間

 令和は,女性の社会進出が進展する時代。こう願いたいところですが,当の女性は複雑な思いを禁じ得ないかもしれません。「仕事,家事,育児・介護をトリプルでしろというのか!」と。

 いや,「自分がフルタイム就業となれば,さすがに夫も今より分担してくれるだろう」「いつも口うるさい姑も,手抜きを許容してくれるようになるだろう」と,淡い期待を抱くでしょうか。

 日本の女性の家事時間が長いことは知られていますが,フルタイム就業の女性に限るとどうなんでしょう。ISSPの「家族と性役割の変化に関する調査」(2012年)では,週間の家事時間を尋ねています。既婚女性と,そのうちのフルタイム就業女性を取り出し,回答の分布をとってみましょう。ラフな5つの階級にまとめました。左は日本,右はアメリカのグラフです。

 個票データから,私が独自に集計したデータであることを申し添えます。
http://www.issp.org/data-download/by-year/


 日本の女性はアメリカより家事時間が長いですが,フルタイム就業者の分布は,既婚女性全体とほぼ同じです。フルタイムか否かに関係なく,週20時間以上が6割以上います。

 フルタイム就業女性であっても,主婦と同じくらい,重い家事負担を担っている(担わされている)ことに驚きます。女性の社会進出を促す気流に,懸念を抱く女性が多いのは頷けます。

 対してアメリカでは,フルタイム就業女性になると,家事時間がかなり短くなります。おそらく外注するのでしょう。あるいは,夫の分担度が上がるためか…。

 夫婦というのは,妻と夫のタッグですので,夫の家事時間(分担度)にも目を配らないといけません。上記のISSP調査では,配偶者(パートナー)の週間家事時間も答えてもらっています。既婚女性と既婚フルタイム就業女性が答えた,自分と夫の家事時間を平均してみましょう。

 下表は,主要7か国の結果をまとめたものです。上段は既婚女性,下段は既婚フルタイム就業女性の回答に依拠します。


 日本をみると,妻がフルタイム就業であっても,夫婦の家事時間と夫の分担率は,ほとんど同じではないですか。「自分がフルタイム就業となれば,夫も今より分担してくれるだろう」という期待は,そう簡単には実現しないようです。

 諸外国では,フルタイム就業の妻になると,家事時間がかなり減ります。先ほどみたアメリカやドイツは,減少幅が大きいですね。夫の家事時間は微増であることから,やはり外注に頼るのでしょう。あるいは,家事のレベルを下げると。

 しかし日本ではそういう融通はきかず,フルタイムの妻であっても,主婦と同様の重い家事負担を課されます。こういう状況を考えると,社会進出の進展は,女性にとって地獄と言い得るかもしれません。

 随所で申していますが,日本では家事のレベルが高く,手抜きは悪という風潮が強いのでしょう。「男は仕事,女は家庭」という性役割分業で社会が築かれる中,家事に求められる水準はすっかり高くなってしまっています。専業主婦が手間暇かけて作った料理(一汁三菜)で,疲れて帰宅する夫をねぎらう…。これが高度経済成長期の日々でした。

 しかし時代は変わっています。個人・社会双方の要請から,夫婦の共働き(稼ぎ)が求められる時代です。今こそ「時短」「手抜き」を奨励すべき時。それを可能ならしめるテクノロジーも生まれています。

 あと問題なのは,やはり夫の家事時間の短さです。妻の就業状態に関係なく,夫は週に4時間ほどしか家事をしません。妻との落差が非常に大きい。

 日本の夫は仕事時間がべらぼうに長いからだと思われるでしょうが,夫の仕事時間でグループ分けしても,結果はほぼ同じです。「日本の男性は仕事時間が長いから家事をしない」っていうわけではさなそうです。定時に上がっても,家ではなく酒場に足が向くフラリーマンも多いわけでして…。

 それに,高齢夫婦に限ってみても,日本の夫の家事分担率はすこぶる低くなっています。無職が多い高齢夫婦でもコレです。やはり,仕事時間云々の問題ではないといえそうです。
https://twitter.com/tmaita77/status/1126770989730111494
  
 女性の社会進出を促すのは大賛成ですが,時代にそぐわなくなっている家事労働への考え方を変え,さらに男性の「家庭進出」をも同時に促さないことには,女性にとって地獄絵図のような世になりそうです。

2019年5月9日木曜日

日本女性学習財団に行く

 連休が明け,昨日は晴天でしたので出かけてきました。私は「逆張り」主義ですので,出かけるのは平日です。

 私はラーメン二郎が大好きで,2015年秋から16年春にかけて,首都圏(1都3県)の二郎は全店制覇しました。ツイログに店舗とラーメンの写真を撮ってますので,「このラーメンはどこの店舗のものか?」という問題を作ることもできます。

 今年の3月に埼玉の越谷に新店舗ができたと聞き,「首都圏二郎全店制覇」を名乗り続けるにはここも行かねばならぬと,昨日出向いてみた次第です。品川まで京急,北千住までJR,そこから東武線で越谷駅まで,2時間半ほどの遠出でした。

 店は駅からすぐで,イケメン2名の店員さんが切り盛りしています。「少ラーメン,ニンニクマシマシ,アブラ」を頼みましたが,他店に比してあっさりしていました。スープに脂分が少なく,女性客も結構いたのはそのためでしょうか。
https://twitter.com/tmaita77/status/1125954839790346240

**********
 爪楊枝でシーシーやりながら,帰りの電車に乗り込み,スマホをいじっていたら,日本女性学習財団の編集者さんからメールがきました。「財団の最寄りは浜松町で,帰りに通るじゃん」と,「今から行きます」とリプした所,先方はちょっと驚きつつも快諾してくれました。

 ガムでニンニク臭を必死に消しながら,浜松町駅に到着。東京タワー方面に歩いて5分ほどで,日本女性会館という建物が見えてきます。ここの5階です。
http://www.jawe2011.jp/



 日本女性学習財団は,女性の学習活動の調査や資料刊行,優れた実践の表彰などを行っている団体です。公益財団法人の名に偽りなく,公共性・公益性の高い活動を手掛けておられます。理事長は,わが母校・東京学芸大学の前学長であられた村松泰子先生です。

 私は昨年4月から,当財団の機関紙『ウィラーン』にて連載「データをジェンダーの視点で読み解く」を書かせていただいています。もう1年以上の付き合いですが,財団の事業所におうかがいするのは初めてでした。出不精ゆえ,申し訳なく思っております。

 学習事業課の方々にお迎えいただき,施設を見せていただきました。その代表格は,学習・研究用スペースの「ウィラーン」です。
http://www.jawe2011.jp/building/space_we_learn.html


 日当たりがよく,窓からは東京タワーと芝公園が見えます。室内には,ホワイトボードと可動式の机・椅子があり,グループでの学習やゼミなどに使えるとのこと。

 そのためには資料が必要ですが,さすが女性学習財団というだけあって,関連の文献や資料が豊富に取り揃えられています。すぐ手の届くところに,女性分野の基本資料がありますので,学習もさぞ充実することでしょう。学大で習ったある先生は,「資料に囲まれた部屋でこそ,いいゼミができるのだ」とおっしゃっていました。


 棚には,財団機関誌の『ウィラーン』もあります。過去半世紀のバックナンバー(縮刷版)も備えられています。以前は『女性教養』という名前だったそうです。女性の学習のあゆみを跡付けられる貴重な資料(史料)ですが,ここではそれを軒並み見ることができます。国会図書館のように,面倒な閲覧手続きも要りません。

 場所は港区芝公園,浜松町駅から徒歩5分,東京タワーのすぐ近くという立地ですので,オフィス帰りの学習,調べものなどに使えるでしょう。今の時期なら,勉強した後に,近くの芝公園で,ライトアップされた東京タワーを見ながら酒盛りなんてのもできます。

 昨日は,この明るい空間で,編集者さん2名と30分ほど談笑しました。ジェンダー統計に関することですが,未だに男子が先,女子は後の男女別名簿を使っている学校が大半という話には驚きました。

 選挙の年にかんがみ,選挙のジェンダー差についても話しました。議員の女性比率が低いのだが,「そもそも出馬する女性自体が少ない,当選率(当選者数/立候補者数)にも性差がある」「あと女性の投票率は男性より低い」と言われ,本当かなと,帰宅後にちょっとデータを作ってみたら,その通りでした。
https://twitter.com/tmaita77/status/1126064502032572416
https://twitter.com/tmaita77/status/1126103137679314945

 私は滅多に人と話しませんが,対話によって気づかされる部分もあるのだなと実感します。私のような出不精な人間が,アパートの部屋の中で思いつくことなんて限られています。人間は所詮はアナログ動物,人と膝を突き合わせて話すって大事だと思います。

 日本女性学習財団の連載ですが,当初は1年間の約束だったのですが,思いのほか好評?とのことで,今年度も継続しています。財団HPにて注文可能,PDFでの購入もできます。ぜひ,ご覧くださいませ。

2019年5月7日火曜日

高学歴マザーのフルタイム就業率

 前回は,大卒率のジェンダー差の国際比較をしました。15歳生徒の父母のデータで見る限り,日本はそれが最も大きいことが分かりました。父の大卒率が44%,母が27%,その差は17ポイント。こういう社会は類を見ません。発展途上国を含めてもです。

 だいぶ前に,これと同種のデータを出したことがあるのですが,「そりゃあ,女性は大学出たって,結婚したら仕事辞めてパートのおばちゃんなんだからね」という声がありました。辛辣ですが,現実を言い当ててていると思います。

 前回は「PISA 2015」のデータを使いましたが,その前の「PISA 2012」では,15歳の生徒に母親が何をしているかを尋ねています。フルタイム就業,パート就業,求職中,専業主婦の4択です。母親が大卒ないしは大学院卒(ISCEDレベル5A以上の学歴保有者)の生徒は,この問いにどう答えているか。

 リモート集計ではじき出してみると,フルタイム就業と答えた生徒の率は,日本は41%となっています。主要国の数値をみると,韓国は49%,アメリカは68%,イギリスは58%,ドイツは445,フランスは70%,スウェーデンは76%です。高学歴マザーのフルタイム就業率は,日本は低いようです。

 他国はどうでしょう。「PISA 2012」から,64か国のデータを得ることができます。高学歴マザーのフルタイム就業率が高い順に並べると,以下のようになります。


 日本は先進国の群れから外れて,下から7番目という位置です。近辺には,カタール,アラブ首長国連邦,ヨルダンといった社会があります。日本の高学歴マザーの社会進出度は,中東と同レベルのようです。

 ドイツやスイスも低いですが,雇用形態による賃金差がないので,積極的にパートの働き方を選んでいるマザーが多いのかもしれませんね。

 私はこの表をみて,日本は高学歴女性のハイタレントを活用できてないのだなあと思いました。こういう状況があるのを若き女子が感じ取って,大学進学の効用を見限り,大学進学率のジェンダー差が大きくなってしまうのでしょうか。冒頭で引いた「女性は大学出たって,結婚したら仕事辞めてパートのおばちゃんなんだからね」という声が突き刺さります。

 上記の表は昨日ツイッターで発信しましたが,多くの人が見てくださっています。私と同様,「日本はスゴイ無駄をしている」という声が多数ですが,「社会進出できないでいるのか,しないでいるのかを区別しないといけない」という意見もありました。

 そうですねえ。右下の中東諸国では,大卒女性は石油富豪と結婚していて,望んで(優雅な)主婦生活をしているのかもしれません。対して左上の旧共産圏の社会では,国民皆労働の伝統が強く,かつ貧しいので,好むと否とに関係なく働かないといけない。こういう社会の女性は「日本の女性を羨ましく思っている」。こんなリプもありました。

 これが妥当であるなら,社会的地位の高い男性と結婚しやすい大卒女性のフルタイム就業率は,普通の女性よりも低いように思えます。しかし現実は逆です。どの社会でも例外なく,高学歴マザーのフルタイム就業率は,母親全体よりも高くなっています。

 横軸に高学歴マザーのフルタイム就業率,縦軸に母親全体との差分をとった座標上に,64の国を配置したグラフを作ってみました。


 トルコとベトナムでは,高学歴マザーのフルタイム就業率は,母親全体より40ポイント以上高くなっています。ハイタレントの女性は歓迎され,当の女性も身に付けた高度な能力を活かしたい,という欲求が強いのでしょう。三世代世帯が多いという条件もあるでしょうが…。

 程度の差はあれ,それはどの社会も同じのようですね。しかし,日本の位置が気になります。高学歴マザーのフルタイム率が低く,かつ母親全体との差分も小さいのです。能力に関係なく,女性は「マミートラック」に絡めとられやすい,ということでしょうか。お隣の韓国も近い位置にあります。くどいですがもう一度。「女性は大学出たって,結婚したら仕事辞めてパートのおばちゃんなんだからね」。

 最初のランキング表を見て,日本を含む右下の諸国は「豊か」であることの証,何も問題ない。こういう声がありましたが,果たしてそれは正しいのか。日本でも,自身のタレントを発揮したいと願う女性は多く,共働きでないとやっていけないという圧力に晒されている夫婦が多いのは同じです。だからこそ,多くの夫婦が血眼で「保活」に取り組むのです。

 大卒・大学院卒の母親のフルタイム就業率=4割。日本のこの数値は,非自発的な要素を多く含んでいるとみていいでしょう。

 高学歴の既婚女性にフォーカスを充ててみると,日本では,女性の社会進出を促す余地は多分にあるのだなと感じさせられます。三世代同居を促すような時代錯誤のやり方ではなく,公的な保育の受け皿を増やすことによってです。

2019年5月2日木曜日

15歳の父母の大卒率

 10連休も後半にさしかかりましたが,いかがお過ごしでしょうか。予報によると,後半は晴天が続くそうです。私の自宅近くのソレイユの丘は,美しいブルーのネモフィラが満開です。三浦半島の南西に,ぜひお出かけください。

 私はというと,いつもと変わらない暮らしをしています。人と違う「逆張り」主義ですので,暦の上での休日・祝日は出かけません。午前中は食い扶持仕事をして,午後からはパソコンの前に張り付いて,データやグラフの試作品をツイッターで流したりしています。

 その中で,15歳生徒の父母の大卒率を国別に比べたグラフが関心を集めています。OECDの「PISA 2015」にて,15歳生徒に父母の学歴を尋ねた結果です。日本の場合,大卒率は父親のほうが母親より高い,と思われるでしょう。結果はその通りで,父が大学を出ていると答えた生徒の比率は44%ですが,母が大学を出ているという生徒は27%しかいません。

 大学進学率は男子が女子より高いので当然,何の違和感もないデータです。しかし国際的にみると,こんなにジェンダー差が開いている社会はないのですよね。主要国のデータを拾ってみると,以下のようになります。リモート集計で作りましたので,粗い整数値になっていること,ご容赦ください。

 大卒率とは,ISCEDのレベル5A以上の学歴保有者をいいます。日本でいう大学・大学院卒業者で,短大や専修学校等は含まれません(これらはレベル5B)。


 表をぱっと見,さすがは教育大国のニッポン,父親の大卒率(44%)は8か国で最も高くなっています。しかし母親になるとガクンと下がり,8か国中6位です。右端は母の大卒率が父より何ポイント高いかですが,日本はマイナスの振れ幅が大きくなっています。大卒率のジェンダー差(男性>女性)が殊に大きい社会です。

 母の大卒率が父より高い国があることにも注目。フィンランドでは9ポイント,アメリカとスウェーデンでは6ポイント,母の大卒率が父より高くなっています。世界を見渡せば,こういう社会もあるのですよね。

 比較の射程を広げてみましょう。「PISA 2015」から,発展途上国も含む69か国のデータを得ることができます。横軸に母親の大卒率,縦軸に「母親-父親」の差分をとった座標上に,69の社会のドットを配置してみます。母親の大卒率を,絶対水準と相対水準(対父親)で見て取れる仕掛けです。


 教育が普及しているといわれる日本ですが,15歳の母親の大卒率は69か国の中では真ん中辺りです(横軸)。大学進学率のジェンダー差が大きいからに他なりません。

 それは,縦軸上の日本の位置に表れています。「母親-父親」の差分ですが,日本が最もマイナス方向(下)に振れています。「父親>母親」のジェンダー差が最も大きい,ということです。その度合いは,発展途上国やイスラーム諸国以上ではありませんか。

 縦軸の位置がゼロよりも上なのは,母の大卒率が父よりも高い,言い換えると女子の大学進学率が男子より高い社会です。その数は33か国で,全体のおよそ半分です。右上には,北欧の諸国が位置しています。女性の大卒率が高く,かつ男性よりも高い社会。リカレント教育が普及していますので,社会に出てから大卒・院卒の学歴をとったという人も少なくないでしょう。

 東洋の小さな島国でわれわれが見ている光景は,普遍的でも何でもないことが知られます。むしろ,国際的にみたらアブノーマルな部類です。大卒率,抽象度を上げていうと教育達成のジェンダー差(男性>女性)が他国に比して格段に大きいのは,明らかに問題であるといえるでしょう。

 なぜ,こんな事態になっているか。思い当たるふしは,数多くあります。男子と女子では,親や周囲から向けられる教育期待が異なること,それに呼応して,女子の大学進学アスピレーションが男子より低いのは,日経DUALの寄稿記事で明らかにしました。その度合いは,他のどの国よりも大きくなっています。今回のデータと符合しますね。
https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111184/110500014/

 そういうクライメイトを察知してか,女子,とりわけ低所得層の女子は,自身の将来を早くから見限る傾向もあります。高校生のバイト実施率を家庭の所得階層別に出すと,低所得層では「男子<女子」の差がものすごいのです。貧困という生活条件がどう作用するかは,男子と女子では違うようです。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11687.php

 また,大学が都市部に偏在しているゆえ,とりわけ地方において大学進学率の性差は大きくなっています。私の郷里の鹿児島は,その典型です。コストのかかる自宅外進学は男子優先,そもそも女子を外に出したくない…。こう考えている親御さんも多し。

 対策は,女子に対し偏った眼差しを向けないこと,女子が進学しやすい条件を整えることに分かれます。後者についていうと,東大は女子学生の家賃補助をしていますが,これなどは,地方の才女を呼び寄せるのに一役買うと思います。

 大学進学率のジェンダー差をなくすなんて不可能,そもそも男子と女子の意向の差とも読めるのだから,このままでいいじゃないか。こういう意見もあるでしょうが,上記の国際比較のグラフを一瞥するだけで,それが欺瞞に満ちていることは分かります。変革可能性はあるのです。

 今回比べた69か国でみると,15歳の父の大卒率は3位ですが,母は33位なり。ここまで落差が大きい国は他にありません。人口の半分を占める女子の教育をなおざりにしてきたことの証左です。新しい令和は,女子教育の時代。そんなふうに思います。

2019年4月30日火曜日

2019年4月の教員不祥事報道

 今日は平成最後の日です。私の世代は,平成の元年に中学校1年生でした。思春期以降,アラフォーの今に至るまで「平成」の時代で過ごしてきたことになります。世代と平成史をリンクさせたジェネレーショングラムの図を,1月27日の記事で公開しています。興味ある方はどうぞ。
http://tmaita77.blogspot.com/2019/01/blog-post_27.html

 今月,私がネット上でキャッチした教員不祥事報道は28件です。先月の半分以下ですが,年度末に多くて年度初期に少ないのは毎年のこと。今月も,体罰・わいせつ・飲酒運転・盗撮という4大不祥事で染まっています。校長が事故防止のために勝手に白線を引いてしまい,道交法違反で咎めを受ける事案も起きています。

 明日から元号が変わります。未来において,平成の時代はおそらくは「暗黒の時代」と語れるかと思います。「時代遅れのシステムを無理に維持させようとし,様々な歪みが噴出した時代」というようなことが,『平成史』(ちくま新書)という本で言われていたような気がします。

 その「歪み」に翻弄されているのが,われわれロスジェネです。学校から社会への移行期が平成不況のどん底に当たり,正規就職が叶わなかった人がたくさん出ました。大卒者のうち,進学も就職もしなかった者の率の地図を描くと吐き気がします(下記)。
https://twitter.com/tmaita77/status/1116640382773800965

 欧米の人からすれば「後から就職すればいいじゃん」と思われるでしょうが,新卒至上主義・年功賃金が支配的な日本ではそうはいきません。巻き返しは難しく,非正規・無職に留め置かれている人が他世代に比して数多くいます。団塊ジュニアのちょっと後の世代ですので,絶対量も多し。

 先々週,新聞の取材を受けた時,「このさ迷える世代を,どうすればレールに戻せるか」と聞かれたのですが,私は「レールが時代にそぐわなくなっている」と答えました。平成の時代にかけて無理やり維持されてきた「時代遅れのシステム」です。年功賃金などはその典型。そのレールを変えてほしい。具体的にどういうことかは,これまでの記事でさんざん申しましたので,ここでは控えます。

 言い方はよくないですが,ロスジェネは平成から令和と受け継がれる最大の負の遺産の一つです。この世代を取り込むことは,現存の社会制度を大きく変えることに他なりません。その意味で,私はこの世代を,社会変革の旗振りを担う「黒船世代」と勝手にネーミングしています。

<2019年4月の教員不祥事報道>
自宅マンションで大麻栽培容疑、教諭ら再逮捕
 (4/2,朝日,沖縄,特,女,49)
酒気運転の教諭 停職処分6カ月
 (4/2,沖縄タイムス,沖縄,小,男,40代)
16歳少女に現金3万3千円渡しホテルでみだらな行為か
 (4/3,東海テレビ,愛知,中,男,37)
悪口書かれた」と思い込み…小学校の30代教師 担任する6年生クラスの男児3人に“体罰”(4/5,東海テレビ,岐阜,小,男,30代)
中学校で生徒の個人情報を紛失 生徒37人分の家庭連絡票をシュレッダー処理
 (4/5,瀬戸内海放送,香川,中,男)
中学男性2教諭、生徒体罰で処分(4/6,愛媛新聞,愛媛,中,男,40代)
私立学校教諭わいせつ疑いで逮捕(4/8,NHK,静岡,男29)
高校教諭が教室で盗撮 スマホ設置の男逮捕
 (4/8,北海道新聞,北海道,高,男,28)
高校生自殺で教諭書類送検(4/8,NHK,岩手,高,男,40代)
小学校教諭が酒気帯び運転の疑い(4/10,NHK,秋田,小,男,50代)
急にしゃがむなど不審な動きで発覚 20代臨時講師が盗撮
 (4/10,毎日,秋田,中,男,20代)
16歳少女に5千円渡して車内で…県立高校の37歳数学教師の男 児童買春
 (4/11,東海テレビ,愛知,高,男,37)
保護者了解で丸刈りでも「体罰」、教諭を処分(4/13,読売,山口,高,男,43)
信号無視をした疑いで高校教師の男を逮捕(4/14,テレ朝,三重,高,男,56)
小学校教諭を酒気帯びで書類送検(4/15,NHK,愛媛,小,男,40代)
“飲酒で事故”教諭を懲戒免職(4/17,NHK,千葉,中,男,53)
飲酒運転で教諭免職 書類誤廃棄の教頭は戒告
 (4/18,千葉日報,千葉,飲酒運転:中男53,書類破棄:小男49)
小学校長が道路に白線描き罰金4万円(4/18,読売,福岡,小)
小学校男子講師が現金1万円盗む 宇都宮市教委が発表
 (4/18,下野新聞,栃木,小,男,53)
小型カメラで下着撮影、高知の教諭に罰金40万円
 (4/19,サンスポ,徳島,中,男,33)
教諭が蹴り生徒骨折/県教委、減給処分に
 (4/19,沖縄タイムス,沖縄,中,男,41)
高校教諭がパトカー相手に…ド派手カーチェイス
 (4/21,日刊ゲンダイ,岐阜,高,男,56)
修学旅行中に校長や教諭らが利き酒(4/23,西日本新聞,福岡,中,男,50代)
児童買春:疑いで都内の教諭逮捕(4/24,毎日,東京,中高一貫,男,28)
高校教諭わいせつ行為で懲戒免職(4/24,NHK,静岡,高,男,30代)
小学校の教諭 盗撮目的の疑い(4/25,NHK,島根,小,男,23)
盗撮 懲戒免職の教諭書類送検(4/25,NHK,佐賀,小,男,50代)
中ジョッキ3杯のビール飲み、車で帰宅(4/27,埼玉新聞,埼玉,中,男,30)