2014年1月23日木曜日

試験問題の解答

 昨日は調査統計法1の試験でしたが,やりっぱなしで終わりというのも何ですので,3問中1問の解答を掲載します。問2にて,以下のような問題を出しました。


 ちょっと戸惑った学生さんが多かったようですが,ヒントを与えたらできたようです。日本でいうと,有業者126人中61人(48.4%)がフルタイム,54人(42.9%)がパートタイム,残りの8.7%が自営等です。この構成比を,有業のボックス内で表現すればいいわけです。

 解答は以下のごとし。


 働き盛りの女性のすがたの違いが「パッと見」で分かる仕掛けです。これはエクセルでつくったものですが,手書きによる模範解答例も載せておきましょう。某学生さんの解答を拝借します。


 ご丁寧に,④の専業主婦の領分に色をつけてくれています。日瑞の差がスゴイですね。「ここまで違うことに驚きました」という添え書きも多数ありました。

 最新の『世界価値観調査』の結果は4月に公表されますが,2010年近辺のデータで同じ図をつくったらどうなっているか。その図柄がどうであるかによって,近年の男女共同参画施策の評価がなされることになるでしょう。
http://www.wvsevsdb.com/wvs/WVSAnalize.jsp

 調査統計法1の受講生のみなさん,お疲れさまでした。評価ですが,試験一発でつけることはしませんのでご心配なく。毎回の出席や課題提出等の記録もバッチリつけています。これらも勘案して総合評価をいたします。

 来年度は前期にて,調査統計法2という授業を担当します。こちらは発展科目です。統計法1はもっぱら座学でしたが,2ではコンピュータ(エクセル)を使ったデータ処理などを扱う予定です。よろしかったらお越しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿