2015年4月28日火曜日

職業別の女性比

 今朝の朝日新聞に,「警察官と自衛官が女子会」と題する記事が載っていました。この手の女子会は多くの職場でやっているでしょうが,警官や自衛官となると全国紙のニュースにもなるのですね。
http://www.asahi.com/articles/ASH4Q4GG4H4QOHGB004.html

 これらの職業では女性はマイノリティーなのですが,はて,どういう悩みを抱えているものなのか。こういう関心もあろうだろう,という狙いからでしょう。さすが,いいとこに目をつけるものですね。

 世の中には無数の職業があるのですが,男性が多い職業もあれば,女性が大半を占める職業もあります。言わずもがな,警察官や自衛官は前者です。保育士や介護職員などは後者でしょう。

 今回は,職業別の女性比という基本データをお見せしようと思います。社会に存在する雑多な職業をできるだけ細かく拾った統計として,「国勢調査」の職業小分類の統計があります。232の職業カテゴリーが設けられています。これを使って,232職業の女性比率を計算し,値が高い順に並べたランキング表を作ってみました。

 用いたのは,2010年の「国勢調査」のデータです。下記サイトの表10-1から,各職業の全数と女性数を採取し,割り算をしました。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001050829&cycode=0

 上記の資料によると,2010年10月時点の全就業者は5961万人で,そのうち女性は2551万人です。よって,全職業の女性比は42.8%となります。働いている人の男女比は「6:4」ですが,この比が職業によって大きく異なることは,誰もが知っていること。232職業の女性比を出し,その分布をとると下図のようになります。


 数の上では,女性比が10%に満たない職業が最も多くなっています。全体の3割近くがそうです。女子会で注目を集めている警察官や自衛官は,この中に含まれます。保育士は,マックスの階級です。

 大よその構造をつかんだところで,それでは,232職業の女性比のランキング表をみていただきましょう。まずは,1位から116位までの上位半分です。


 助産師は100%,保育士は97%,幼稚園教員は94%が女性です。介護職員は77%,小学校教員は64%なり。それから下がって,理学療法士・作業療法士までが女性比50%以上の職業です。大学教員は26.4%で,4人に1人というところ。まあこれでも,昔に比べれば上がってきてはいます。

 次に,117位以下の下位半分です。


 女性が少ない,いわゆるオトコの職業です。医師,弁護士,管理的公務員,警官,自衛官,自動車運転者,消防員,パイロットなどが目につきます。警官は7.5%,自衛官は6.0%ですか。

 女性の自動車運転者(トラガール)は全体の2.7%,女性土木従事者(ドボジョ)は1.7%となっています。これらの職業の女子会とか企画したら,注目されるのではないでしょうか。

 「国勢調査」の細かい職業小分類の統計を使って,職業別の女性比率を出してみました。資料としてご覧いただければと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿