2016年4月29日金曜日

稼げないオトコが結婚できない理由

 3月4日の記事では,男性の結婚ジニ係数という指標を主要国について計算しました。「稼げないオトコが結婚できない」のレベルを測る指標です。日本の値は0.535で,7か国ではトップでした。

 4月19日の記事では,フルタイム男性の年収が,フルタイム女性の年収の何倍かを国別に出しました。日本は1.731倍で,18か国の中でトップでした。

 「もしや」と思い,2つの指標を絡めてみたところ,下図のような傾向が出てきました。


 年収のジェンダー差が大きい社会ほど,男性の結婚チャンスは稼ぎに規定される度合いが高いようです。主要7か国のデータですが・・・。

 女性が結婚相手に求める年収と,未婚男性のそれにはギャップがあることは,これまで何度もデータで示してきました。
https://twitter.com/tmaita77/status/721617130131558403

 寄せられた反応は,「女性の要望は非現実的」「高望みしてけしからん」というものが大半でした。私も正直,そう思ってた伏しもあります。

 しかし上図をみると,賃金面で男性と著しく差別されるので,結婚相手に高い年収を求めざるを得ない,という面もあるのかなと。結婚・出産というキャリア断絶の影響も大きいですし。

 手元にある主要7か国のデータですが,もっと多くの社会のデータを集めて,考えてみたいと思います。

3 件のコメント:

  1. 韓国は日本以上なイメージがあったりしましたが違うんですね
    ドイツが西ドイツということはいまだに東ドイツとの格差が埋まってないみたいな話なんでしょうか?

    返信削除
  2. 最初ラブラブでも結婚後はわかりません、もしも離婚になったとき高年収男性と、結婚したほうが、合法的にたくさんのお金を財産分与や養育費で奪えるからです。また、結婚期間中もお金をたくさん使えるからです。結果、女性にお金をぶんどられ、泣いている高年収男性は絶えません。女性は金持ちと結婚して子どもを産んでからの離婚繰り返すだけで何千万も合法的に得れるのです。終わっています。この国は。だから未婚率が激増したんです。

    返信削除
  3. 別の観点からの考察。フルタイム男性の年収が、女性よりずっと高いにも関わらず,女性の希望より低いということはこの統計にかからない、フルタイム以外の年収の低い男性が多いというデータの読み方はできませんか?

    返信削除