2013年7月18日木曜日

資料:性別・年齢層別の有業者のワープア化・非正規化

 2012年の『就業構造基本調査』の結果が公表され,「非正規雇用者数が過去最高」とか「働く人間の3人に1人が非正規」とか,いろいろ報じられています。
http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/index.htm

 しかるにそれは,10代の子どもや高齢者もひっくるめた全体の傾向であり,属性ごとにみるならば様相は多様でしょう。私は,性別・年齢層別に,有業者のワープア率と非正規雇用者率を計算してみました。

 ワープアとは「ワーキングプア」の略であり,年収200万円未満の有業者のことです。非正規雇用者とは,雇用者(役員除く)から正規雇用者を除いた数であり,パート,バイト,ハケン,契約,嘱託,その他,という要素からなります。

 下表は,バブル崩壊直後の1992年,リーマンショック前の2007年,および最新の2012年の数値の一覧です。字が小さくて見にくいかもしれませんが,ご容赦ください。


 注目ポイントにマークをするようなことはしていません。「すっぴん」の統計表です。コメントも添えません。資料として参照していただければと存じます。

1 件のコメント:

  1. 正規雇用・非正規雇用における未婚率の割合です。
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3256.html

    個人的は結婚なんて学生時代から諦めてますのでグラフの結果がどうなろうと一向に構わないのですが、雇用形態や男女別でも大きく差が出ているところが興味深いです。

    返信削除