2014年4月29日火曜日

図表には「**作成」とつけないといけないのか?

 Webコンサルタントの西俊明さんが,私のツイートの図をブログでパクってくださったのですが,その経緯については前回書きました。今回の件に関連して,「これはどうなのか」という問題提起をしたいことがあり,書かせていただきます。

 西さんの剽窃記事の現物は,コチラです。現在削除中ですが,記事名検索+キャッシュ表示で出てきます。「フェイスブックで多くのシェアを集めた」とか「この図が広まることを願う」とか,調子のいいことが書いてあります。図の作成者として複雑な思いを禁じえません。

 話が逸れましたが,私が問いたいのは,タイトルの通りです。図表には「**作成」とつけないといけないのか? こういう問題です。

 西さんは最初,私の指摘に対し「剽窃ではない」と反論してきました。「資料:厚労省『国民生活基礎調査』(2010年)」とキャッシュが添えてあるではないかと。私が「その図は舞田が作ったものだ」と返すと,「じゃあ,「舞田が作成」ときちんと書いておけ」。こうおっしゃいます。

 私のツイートの図なんだから,私が作成したものだと解釈するのが普通だと思うんですがねえ。少なくとも,本当に厚労省の資料の図なのか,確認すべきではないのですか。論文や書籍の図表でも,「**作成」という表記がないと,著作権フリーということになるんですかあ?

 下の写真は,3/10の日本教育新聞に掲載された私の連載コラムです。もう一カ月以上経っていますので,全文を載せてもいいでしょう。


 ご覧の通り,スペースぎちぎちのミニコラムです。グラフには「舞田敏彦作成」と記していませんし,そのスペースもありません。本文もたった400字ですので,「右の図は私が作成したものだが…」と書くのも躊躇われます。

 西さんの論理に従えば,この図は無断転載し放題ということになります。問い詰められたら,「文科省資料の図だと思った」と釈明すればいいわけです。論文や書籍の図の一つ一つに「**作成」とクレジットをつけないといけないのでしょうか。クレイジーです。

 ツイッターだからといって,許されるはずはありません。西さんは,他人のツイッターの図をブログにコピペして,「ツイッターから拾ってきた」と記しています。元ツイートのアドレスの記載もなしにです。これで事足れりとしていますが,Webマーケティングのプロがすることなのでしょうか。

 さらに噴飯ものなのは,「ツイッターから拾ってきたと書いている。自分のものとして公表していない。だから剽窃ではない」という言い分です。呆れて言葉も出ません。剽窃の構成要件をご存じないようです。こんな人が,Webでの集客の仕方について随所で講演しているというのですから,ちょっと空恐ろしい思いがします。間違った考え方が広められていないとよいですが…。

 さて西さんは,私から「剽窃者」と名指しされたことに立腹し,「名誉棄損だ,顧問弁護士と相談中」と私に脅しをかけてきました。謝罪の一言もなしにです。まずは「ゴメンナサイ」だと思うのですがねえ。
https://twitter.com/sateco/status/460287123929571328

 コンサルってどういう仕事か存じませんが,この西さん,ちょっとのことで「弁護士だ」とか「訴える」とか言って,相手を恫喝しているのかなあ。彼が剽窃をしたのは事実です。それを少しきつめの表現で指摘(非難)されたくらいで,「名誉棄損だ!」とか言ってほしくありません。一言謝罪し,記事を削除すれば済んだ話です。

 西さんはさらに,連休明けに私の非常勤先の3大学を回り,学長あての手紙も出すそうです。ははは…。「舞田さんは非常勤講師であり,本学所属の教員ではありません。当事者で話し合ってください」と言われておしまいです。でも考えてみりゃ,それが筋ですよ。あなたから謝罪の一つも受け取っていませんしねえ。

 それはともあれ,西さん。あなたは,「弁護士に訴える」とか「所属先に出向く」とか,そういう脅しをかけないと何もできない人間なのではないですか。ホント,自分の弱さをさらけ出している。

 ねえ西さん。私の「剽窃者」呼ばわりが自分の仕事に影響することを心配したのでしょうが,ちょっとのことで「弁護士だ!」とか相手を脅しているツイートのほうが,よっぽどあなたの評価を下げていると思いますよ。
https://twitter.com/tomoegu/status/460395496301813760

 また話が逸れてきました。今回の主題は,「図表には「**作成」とつけないといけないのか?」ということでありました。以上です。

 後記:5月30日に,西俊明より本記事を削除するよう要請がありました。私の返事は以下の記事に記しています。
http://tmaita77.blogspot.jp/2014/05/blog-post_30.html