2012年3月14日水曜日

進路で悩む大学生の自殺

前回みたように,学生・生徒の自殺者は年々増え続け,2011年には初めて千人を超えました。同年の学生・生徒の自殺者は1,029人ですが,そのうちの529人(51.4%)は大学生です。

 大学生の自殺の中でも,とりわけ世間の耳目を集めているのが,就職失敗という理由による自殺です。新卒採用の慣行が強固で,新卒時点での就職に失敗すると「負け組」の烙印(stigma)を押されるかのような,わが国の社会状況が色濃く反映されています。推測ですが,日本に固有の社会病理現象なのではないでしょうか。

 余談ですが,3月21日に,大学研究家の山内太地さんによる『22歳の負け組の恐怖』(中経出版)という本が出るそうです。いみじくも,「負け組」という言葉が使われています。山内さんは海外の大学事情にも詳しいそうですが,就職失敗による自殺が日本的現象なのかどうか,教えてくれるのかしらん。ナイモノネダリかもしれませんが,ちょっと期待しています。
http://tyamauch.exblog.jp/17288241/

 さて,就職失敗を苦に自殺した大学生は,2007年が13人,2008年が22人,2009年が23人,2010年が46人,2011年が41人,というように推移しています(警察庁『自殺の概要資料』)。2011年の数は,前年よりも少し減っています。これをみて安堵する関係者もいるかと思いますが,それを許さない統計があります。「進路に関する悩み」という理由で自殺する大学生の数です。

 先行きが不透明な状況に苦しむ大学生の量を測るには,「就職失敗」に加えて,「進路に関する悩み」による自殺者の数にも目を向ける必要があると思います。両者の合算を,「進路関連の原因による自殺」と括ることにしましょう。

 進路関連の原因によって自殺した大学生の数の推移をたどると,下図のようです。警察庁の上記資料において,詳細な小分類の原因統計が公表されているのは2007年からなので,この年以降の推移がとってあります。


 「進路に関する悩み」も含めた,広義の「進路関連の原因」による自殺者は,増加の一途をたどっています。2010年から11年にかけて,就職失敗による自殺者は減っていますが,進路に関する悩みで自殺した者は10人も増えているのです。

 双方の原因による自殺者は,2007年では66人でしたが,2011年には124人とほぼ倍増しています。就職失敗が原因の自殺であっても,遺書ないしは遺族の証言が曖昧であったため,「進路に関する悩み」という(曖昧な)原因カテゴリーに放り込まれたケースもあると思います。就職失敗による自殺の量をより近似的に測るという目的でも,両者の合算分に注目する必要があるかと存じます。

 なお,これらの原因による自殺者の性別構成が分かりますので,それを整理した統計表を掲げます。


 フーテンの寅さんではないですが,「男はつらいよ」を感じさせるデータになっています。どちらの原因でみても,大半が男子です。2011年でいうと,両者を合わせた自殺者数は124人ですが,そのうちの99人(79.8%)は男子です。およそ8割。

 男女共同参画社会がいわれる今日ですが,未だに,こういうジェンダー差があるのだなあ。これも日本的な特徴でしょうか。

 これからは,「就職失敗」に加えて,「進路に関する悩み」による大学生の自殺者数にも注目していこうと思います。

1 件のコメント:

  1. 異なる動機の自殺者数を合算するのはまずいです。現在は1自殺につき動機3つまで計上可なので異なる動機への多重カウントの可能性が高いのです。

    H22データでは
    http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H22jisatsunogaiyou.pdf
    「注)平成19年に自殺統計原票を改正し、遺書
    等の自殺を裏付ける資料により明らかに推定
    できる原因・動機を自殺者一人につき3つま
    で計上することとしたため、原因・動機特定
    者の原因・動機別の和と原因・動機特定者の
    和(23,572人)とは一致しない。」
    とあるように、
    自殺者総数31690
    原因・動機特定者総数23572
    動機別自殺者数合計33334(補表2-3より)
    なので、全体では1万弱の多重カウントがあります。

    (これに気づいて追求している人もいます。)
    http://www.mynewsjapan.com/reports/1646

    >就職失敗が原因の自殺であっても,遺書ないしは遺族の証言が曖昧であったため,「進路に関する悩み」という(曖昧な)原因カテゴリーに放り込まれたケースもあると思います。

    遺書を残す人はだいたい1/3くらいで残りの動機特定者の動機をどうやって推定しているのかが明らかでないのです。一定のやり方で推定しているのかも不明。社会情勢に推定に影響する可能性も過去に指摘されています。これは平成19の改正でも改善されませんでした。(改善するのも難しいとは思いますが。)

    精神保健研究
    ISSN 0915-065X
    第16号(通巻49号)Supplement ~自殺学特集~ 平成15年(2003年)
    http://www.ncnp.go.jp/nimh/pdf/kenkyu49_sp.pdf
    p.12
    「人口動態統計からは得ることができず、しかし自殺
    学にとって興味深いのは、動機別統計である。動機は
    「家庭問題」「病苦等」「経済・生活問題」「勤務問題」
    「男女問題」「学校問題」「アルコール症・精神障害」
    「その他」といった分類で統計がまとめられている 6)

    これが興味深い資料である一方で、しかし、その信頼
    性には問題も残る。というのも、自殺の動機というの
    は、複合的なものであることがほとんどで、一つの動
    機に分類するのは極めて難しいこと、また、既に亡く
    なってしまった方に動機を改めて聞くことは不可能で
    あり、したがってこの動機は、あくまでも遺書や周り
    の人への聞き取りや遺留品からの推測に過ぎないから
    である。動機別統計は、性別や年齢、配偶関係といっ
    た社会的属性別の統計に比べると客観性は低いことを
    念頭においた上で、しかしながら、この警察庁「自殺
    の概要」に掲載されている統計は、自殺の動機という
    自殺学上の重大な問題に対して参考になる資料である
    ことは間違いない。」

    こころの科学
    (2004年11月号)通巻 118号
    http://www.nippyo.co.jp/magazine/3815.html
    「自殺の現状」高橋祥友  
    p.15
    「 自殺の原因や動機を考えるうえで、この準備状態と直接の契機の双方を検討しなければならない。きわめて深刻な出来事を契機として、突然自殺が生ずることも時にはあるのだが、現実には長期間にわたって徐々に準備状態が形成されていくほうが圧倒的に多い。
     このように、警察庁の分類した動機を考えていくうえで、いくつかの問題点を念頭に置いたうえで、データを見ていかなければならない。
     というのも、精神医学や心理学の訓練や知識が十分ではない警察官によって集められたデータであるので、どちらかといえば表面に現れている原因を拾い出している可能性が高い。また、数多くの原因のうちで、あえてひとつの動機を取り出している点についても配慮する必要がある。
     たとえば、「健康問題が第一位の原因となっているが、一九九九年の統計までは、「病苦」、「アルコール症を含めた精神障害」といった分類がなされていたのだが、それ以後、その両者を合わせて、あらたに「健康問題」としてひと括りにしている。身体疾患を苦にしたものか、精神疾患に悩んでいたのかさえわからない。
     また、「経済・生活問題」が動機の自殺も一九九八年以後、つねに大きく取り上げられている。これは否定しようのない事実であるのだが、未曽有の「平成大不況」といった情報に一般の人々と同様に毎日接していた警察官が、自殺の動機を分類するにあたって影響を受けた可能性も考えられる。
     このように、まず、個々の自殺例を単一の動機だけで分類してしまうことは大きな問題点をはらんでいるので、警察庁の統計だけから自殺の動機をひとくくりにして解釈することには問題が多い。あくまでも参考資料とすべきであるだろう。」

    警察の自殺統計は分析を目的に設計した調査ではないのでご注意下さい。
    本川さんの指摘を引用します。
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-2.html
    「統計結果を分析用の情報源として多用する者は、人口動態統計が調査統計であり、しかも指定統計であり、統計基準・定義、調査方法、公表義務に関して明確になっているのに対して、警察庁資料は業務統計であり、定義、方法等が余り明確でなく、当局の恣意が入る可能性があることから、前者を重んじる傾向がある」

    返信削除