2012年8月30日木曜日

専攻別にみた博士課程修了生の惨状

 前回は,2012年3月の大学院博士課程修了生について,無業者率と死亡・進路不明率を計算しました。文科省の『学校基本調査』では,博士課程修了後の進路として,以下のカテゴリーが設けられています。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001011528

 ①:進学
 ②:正規就職
 ③:非正規就職
 ④:臨床研修医
 ⑤:専修学校・外国の学校等入学
 ⑥:一時的な仕事
 ⑦:左記以外の者
 ⑧:死亡・進路不明

 無業者率とは,⑥~⑧の者が全体に占める比率です。要するに,定職に就けなかった者の比率です。死亡・進路不明率とは,⑧の比率のことをいいます。前回の記事で出した数字によると,人文科学系博士課程修了生の65.3%が無業者,19.0%が死亡・進路不明者という惨状です。

 ところで,人文科学系は,文学,史学,そして哲学という専攻を内包しています。これらの下位の専攻ごとに同じ数字を出してみること,それが今回の課題です。

 今回用いるのは,2011年3月の博士課程修了生のデータです。2012年3月の修了生の統計では,系の下にある専攻ごとの集計はなされていませんので,前年のデータを使います。

 なお,細かい専攻まで下りると修了生の数が非常に少ないケースが出てきます。たとえば,私が出た教員養成専攻の博士課程修了生は53人です。中には,たったの4人という専攻もあります。これでは,出てきた数字の信憑性に疑問符がつきます。そこで,修了生数が100人に満たないケースは除外することとします。

 このようなセレクトを行い,30の専攻の修了生について,無業者率と死亡・進路不明率を計算しました。結果をベタな一覧表の形で示すというのは芸がないので,視覚的にみてとれるような工夫をしましょう。横軸に無業者率,縦軸に死亡・進路不明率をとった座標上に,30の専攻を位置づけてみました。点線は,修了生全体(15,892人)の比率を意味します。


 右上にあるのは,無業者率,死亡・進路不明率とも高い専攻です。左下に位置する専攻は,その反対です。

 いかがでしょうか。右上のデンジャラス・ゾーンに位置しているのは,ほとんどが文系の専攻です。とくに,人文科学系の文学と史学,社会科学系の法学・政治学専攻の惨状が際立っています。文学専攻の無業者率は65.5%,死亡・行方不明率は25.8%です。法学・政治学専攻は,無業者率56.5%,死亡・進路不明率29.2%なり。修了生の3人に1人が死亡・進路不明。全専攻の中で最も高い率です。

 修了生全体では3人に1人が無業者,10人に1人が死亡・進路不明者です。しかるに,最も悲惨な専攻では,3人に2人が無業者,3人に1人が死亡・進路不明者であることが分かります。

 修了生全体→専攻系列→専攻下位分野,というように下りてみると,それなりにリアリティのある数字が出てきます。分析とは,データを仕「分」けて,表面からは見えない傾向を「析」出することです。こういう作業って大事だと思っています。

 先に記したように,2012年3月の修了生については,こうした細かい専攻ごとの集計データが未公表なのですが,この種の分析をしてもらいたくない,という思惑があってのことでしょうか。意地の悪い見方ですが。

 おしらせ:9月4日の記事にて,分析の補正を行いました。ご覧いただけますと幸いです。

5 件のコメント:

  1. 法学・政治学の進路不明率が高いのは新司法試験の制度に問題があるんですかね。
    後は、就職できないとよく言われる哲学の無業者率が低いのも意外に感じました。

    返信削除
  2. 2012年3月の修了生の進路は、平成24年度調査だと思うので、まだ速報値です。
    例年、学校基本調査の確定値の発表は10月頃なので、もうちょっと待てば、ちゃんと詳細が出てくると思いますよ。

    返信削除
  3. 「3人に2人が無業者,3人に1人が死亡・進路不明者」という文章だけをそのまま読むと、院生の「3人中3人=全員」がそういう結果に終わるかのように見えます。実際には、3人に2人(全体の60%前後)が正規職についておらず、そのうちの約半数(全体の30%前後)が「不詳=卒業後の進路を届け出ていない」っていうことですよね。(卒業時点では生存してるんだから、亡くなった人はいたとしても少数でしょう)

    警鐘を鳴らしたいことはわかりますが、必要以上にミスリーディングな気がします。

    返信削除
  4. 大変貴重なデータありがとうございます。文科省もいろいろ調べているようで、http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2010/01/18/1287558_6.pdf などにもデータが出ています。人文社会科学は非常勤講師問題など厳しい問題がありますね。

    返信削除
  5. 私の通っている東洋英和女学院大学大学院(共学)は夜間大学院で、仕事を持ちながら修士、博士を取れるようになっています。博士課程の論文発表会に出てみましたが、皆さん資格があった方が仕事がしやすいと言うことで博士号にチャレンジしているようです。学校で発表していないので具体的な無業者の数字はつかんでいませんが、おそらくこの学校の場合は無業者率は極端に低いのではないかと思います。

    返信削除